• トップ
  • ニュース一覧
  • 金田喜稔がアルゼンチン戦を斬る!「“突破できない”三笘。だからこそフルで使えばチャンスを作れたはず」

金田喜稔がアルゼンチン戦を斬る!「“突破できない”三笘。だからこそフルで使えばチャンスを作れたはず」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月27日

ある意味、三笘はその実力を認めさせた

相手は人数を割いて三笘を止めにきた。それだけ警戒されていた証拠だ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 U-24日本代表の3月シリーズは、U-24アルゼンチン代表と2回、対戦する。3月26日に行なわれた第1戦は0-1で敗れた。

 試合の入りはアルゼンチンのほうが良かった。21分にガイチが先制点を奪う前にも、2度ほど決定機があったはずだ。

 この試合、唯一のゴールシーンで日本の守備はどうだったか。板倉がバルガスに振り切られてクロスを許し、ガイチにヘディングシュートを決められた。ガイチへの対応で菅原は遅れてしまったし、板倉もバルガスを止められなかった。クロスを“上げさせない”、シュートを“打たせない”、そうした最後の局面での厳しさが足りなかったと思う。

 この1点が日本に重くのしかかった。日本にもチャンスがなかったわけではない。でも、アルゼンチンの堅い守備を最後まで崩し切ることができなかった。

 守ろうとしたら、アルゼンチンは強い。同じ南米大陸にはブラジルがいて、このサッカー大国に勝つにはどうすればいいか、ライバル国の攻撃力をいかに抑えて勝機を見出すか。そうやって長い歴史を刻んできたんだ。根本的な守備力が違うのはしょうがない。1点あれば十分。守り抜けるというメンタリティがある。

 今回のチームも組織的かつ強度の高い守備を見せていた。相手のボールホルダーに即座に詰めてくるし、仕掛けられても簡単に下がらない。中央を固めたうえで、サイドに逃がせば、それぞれマークに付きながらもしっかりとスライドして対応する。ライン間もコンパクトに保てているから、チャレンジ&カバーもスムーズだった。

 リードを得たアルゼンチンは、無理に前には出てこなくなる。守り切る自信があるからだ。日本がボールを持って、パスを回す時間も増えてくる。だからといって、決定的なチャンスを作れていたかと言えば、そうではない。シュートコースには必ず相手のDFが立ちふさがるし、ゴール前になかなか入れさせてもらえなかった。
 大きな注目を集めた三笘も、アルゼンチンの守備網をこじ開けられなかった。縦をケアされ、カットインや横パスのコースも警戒されて、背後からも相手に寄せられる。そこまで分厚く守られたら、さすがの三笘も苦労したと思う。

 見せ場は少なかったかもしれない。でも、それで三笘は不出来だったという評価は違うと思う。相手は人数を割いて三笘を止めにきたんだから、ある意味、その実力を認めさせたことだよね。
【関連記事】
「えっぐいなぁ」「海外にばれる!」三笘薫が開始27分、アルゼンチン相手に見せたドリブル突破にファン熱狂! 解説の中村憲剛氏も…
「前の自分たちが決められなかった」久保建英がアルゼンチン戦完敗に嘆き
【日本0-1アルゼンチン|採点&寸評】南米の強豪に善戦も最後の局面で精度を欠いた攻撃陣は厳しい評価に…
「故意ではないと信じている」流血した冨安健洋、相手選手の“顔面肘打ち行為”に言及。「あなたの人柄に感動」と韓国のファンも絶賛!
【U-24アルゼンチン戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、金田喜稔、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ