【識者コラム】明暗クッキリの日韓戦、なぜ今回は日本の完勝に終わったのか?

カテゴリ:日本代表

加部 究

2021年03月26日

日本の土俵で戦おうとしていた韓国は、ポステコグルー監督時代の豪州を想起させる

大迫とキム・ヨングォンが激しく競り合う。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 日常レベルと戦術選択の是非が如実に明暗を分けた日韓戦だった。

 日本では森保一監督に限らず、どこの現場でも「球際」や「切り替え」が群を抜く流行語になっている。国内で川崎が格好の手本を示している好影響もあるのかもしれないし、もちろん欧州ではそれなしには生き残れない。

 結局スタメンのうち欧州組が8人を占めた日本は、国内組中心の韓国に対し歴然とした「日常の違い」を見せつけた。

 一方韓国側の事情を探れば、パウロ・ベント監督とのミスマッチが見て取れた。同監督は国際的な見地に立ち、韓国をトレンドへと導こうとしている。特に前半はGKも交えて最終ラインから丁寧にショートパスを繋ごうとする姿勢が顕著だったが、日本に脅威を与えるチャンス創出には至っていない。思い出すのは、韓国に歯が立たなかったアマチュア時代を脱却し、日本がハンス・オフト監督の就任でライバル関係を築き上げていく経緯だ。それまで日本の指導者たちは、韓国が優位に立つフィジカルで追いつこうと檄を飛ばして来たという。だがオフトは、技術をベースに組織的な規律を整理し、韓国とは別の戦い方を選択して新しい可能性を提示した。

 逆に韓国代表のベント監督は、どちらかと言えば日本の土俵で戦おうとしている。それは現在横浜FMを率いるアンジェ・ポステコグルー監督がオーストラリア代表時代に実践した改革に似ている。アジアの実情を考えれば、オーストラリアはフィジカルの利を活かし、ゴールに直結するロングボール多用の戦術を採る方が即効性を見込める。だがポステコグルー監督は、その先の世界で戦うことを見据えて舵を切った。オーストラリア代表が随分と不似合いな戦い方をしてくれたので、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督時代の日本は恩恵を受けた。ただし今ではオーストラリアも精度の高いテクニックを備え、しっかりとゲームを構築する文化が根づきつつある。

 韓国にとっても、いつかは通らなければならない道なのかもしれない。だが少なくとも現状にはそぐわないので、おそらくベント体制がハッピーエンドにならない可能性は高い。
 
【関連記事】
【セルジオ越後】山根のプレーを見れば川崎がなぜ強いのかが分かるよ。日韓戦のMVPを挙げるとすれば…
金田喜稔が韓国戦を斬る!「待って待って、ワンフェイク入れてシュート。鎌田はもう少し見たかった」
【韓国戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
「韓国を笑いものにした」日本に惨敗で敵国メディアが指揮官を“臆病者”と酷評!「韓日戦の重要性を知らないのか?」
「日本のプレスは凄まじかった」韓国代表キャプテンが明かした“日韓戦惨敗”の舞台裏「認めなきゃいけない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ