「韓国を笑いものにした」日本に惨敗で敵国メディアが指揮官を“臆病者”と酷評!「韓日戦の重要性を知らないのか?」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月26日

「0トップ」の奇策が機能せず

日本に完敗し、批判を浴びているベント監督。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 韓国代表への非難がなりやまない。

 最大のライバルに0-3で完敗を喫したのだから当然だろう。エースのソン・フンミンら主力を欠いていたとはいえ、序盤から森保ジャパンに圧倒され、完全に受けに回って防戦一方となった試合展開は、結果以上にショッキングだったかもしれない。

 とりわけ、批判の矛先が向けられているのが、パウロ・ベント監督だ。前線のタレント不足もあり、MFイ・ガンインを“偽の9番”で起用する「0トップ」の奇策に出たが、まったく効果を発揮せず、最も期待されたレフティは試合から消えてしまった。

 韓国のスポーツ・メディア『スポータルコリア』は、「臆病者のベントは韓日戦の重要性を知らなかった」と辛辣な見出しをつけ、次のように糾弾した。

【PHOTO】森保ジャパンが宿敵・韓国を3-0で撃破! 横浜決戦の厳選フォトをお届け!
「韓日戦の重要性を知らなかったのか? ベントが韓国サッカーを笑いものにした。10年ぶりの韓日戦で韓国は恥をかいた。ベント監督の戦術、戦略が全く受け入れられなかった。試合が始まると、怯えたように過度にラインを下げ、それが敗北につながった。横浜の惨劇だ」

 そして、守備一辺倒になったため、「韓国は攻撃の形を作ることさえできなかった。ウインガーが後方に下がってきて守備に加わっているため、攻撃の展開が困難だった」と指摘。「選手たちの目には活力がなかった。これまでの韓日戦で最も輝いていた“闘魂=精神力”は影を潜めた」と戦う姿勢を非難し、弱気な采配が選手たちのモチベーションにも影響したと言いたげだ。

 たった一敗で解任を求める声も噴出しているポルトガル人指揮官は、今になって日韓戦の重みを感じているかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「故意ではないと信じている」流血した冨安健洋、相手選手の“顔面肘打ち行為”に言及。「あなたの人柄に感動」と韓国のファンも絶賛!
【セルジオ越後】山根のプレーを見れば川崎がなぜ強いのかが分かるよ。日韓戦のMVPを挙げるとすれば…
「2軍だったのは言い訳にならない」日本に惨敗の韓国代表を母国メディアが辛辣批判!「長所の闘志でも負けていた」
「こんな屈辱はない!」「監督をクビにしろ」日韓戦完敗に韓国のファンから非難殺到!
【韓国戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ