• トップ
  • ニュース一覧
  • 【橋本英郎】日韓戦で強烈な輝きを放ったダブルボランチ。あの絶妙な“距離感”にシビれた

【橋本英郎】日韓戦で強烈な輝きを放ったダブルボランチ。あの絶妙な“距離感”にシビれた

カテゴリ:日本代表

橋本英郎

2021年03月26日

驚かされた山根の鮮烈デビュー。伊東との相性が抜群だった

攻守両面で大車輪の活躍を見せた遠藤。公式のMOMにも選ばれた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 さて、今回は木曜日に行なわれた日韓戦について、感じたところを書きたいと思います。

 やはり同じ国際Aマッチでも、韓国が相手となると、雰囲気はいつもとは違いましたね。僕自身も以前、東アジア選手権の時に一度だけ日韓戦を経験していますが、その重要性をよく理解していたので、サッカー人生においても一番と言っていいほど緊張したのを覚えています。

 国際Aマッチでは10年ぶりという日韓戦。結果、圧倒的なパフォーマンスで日本が3-0の勝利を挙げました。

 勝負を分けた大きなポイントは、3つあったと思います。

 ひとつ目は右サイドバック、山根視来選手の活躍です。本当に今日が代表デビュー戦だったのかと疑いたくなるくらい、落ち着き払っていました。的確なボールの配給、そして、川崎フロンターレで披露する鋭いオーバーラップやパス交換など、随所で自然体のプレーを見せてくれました。

 立ち上がりから躍動していて「おっ!」と思いましたが、まさか代表初ゴールまで上げてしまうなんて予測していませんでした。あっぱれです。

 右サイドハーフの伊東純也選手との連携も抜群でしたね。伊東選手の彼の足の速さを上手く引き出す縦へのパスが冴え、伊東選手がカバーをしてくれると見込んだポジション取りも見事だったと思います。

 終盤は多少攻め込まれる時間帯もありましたが、そこは選手交代が頻繁にあって、バランスが時間の経過とともに変わっていったのもあるでしょう。堂々とフルタイムを完走したと感じます。

 ふたつ目は、前線の鎌田大地選手と大迫勇也選手のディフェンス。観ていて、すごく上手いなと思いました。

 試合の入りから特に顕著だったのが、プレスを掛けるタイミングです。韓国のセンターバックにはある程度ボールを持たせてもいい、下がって受けたボランチ(DFラインに入った)に対しても無理に奪いには行かず、相手が前に進もうと切り替えた際にすっとアプローチを掛けていました。とても息が合っていて、絶妙でしたね。
【関連記事】
【韓国戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
「最悪を最悪で塗り替えた!」怒れる韓国メディア、日韓戦惨敗の母国代表チームを痛烈批判!「闘争心も戦術も消え失せた」
「ヨコハマの惨劇!」「完璧に叩きのめされた」日韓戦で完敗を喫した母国代表チームを韓国メディアが糾弾!
「2軍だったのは言い訳にならない」日本に惨敗の韓国代表を母国メディアが辛辣批判!「長所の闘志でも負けていた」
「敗因はゼロトップ」「我々は2軍だから…」日韓戦での完敗を認めつつ、韓国メディアからは負け惜しみの論調も

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ