「最悪を最悪で塗り替えた!」怒れる韓国メディア、日韓戦惨敗の母国代表チームを痛烈批判!「闘争心も戦術も消え失せた」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月26日

「目も当てられない結果と内容に終わった」

日本は後半頭から登場した江坂(7番)など新参組も溌溂とプレー。かたや韓国は交代策も奏功せず……。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 一夜明けても、ナショナルチームへの批判が止まない。

 木曜日に横浜で行なわれた日本代表vs韓国代表のフレンドリーマッチ。ホームの森保ジャパンはキックオフ直後からゲームの主導権を握り、Kリーガーが中心の韓国を押し込んでいく。16分に代表初出場・初先発の山根視来が鮮やかな一撃で均衡を破ると、27分にはカウンターから鎌田大地が右45度ショットをねじ込んでリードを広げた。後半はややペースを落としたもののチャンスの数で上回り、83分に遠藤航のヘッドが決まって勝負あり。ライバル相手に3-0の完勝を収めた。

 まさかの惨敗に衝撃を受けたのが韓国メディアだ。ベストメンバーではなかった点やゼロトップ採用など戦術の不備を指摘し、擁護する声も一部にはある。だが、やはり大多数がネガティブな論調を展開しており、とりわけパウロ・ベント監督の采配に手厳しい批判が浴びせられている。

 そんななか、総合ニュースサイト『OSEN』は「闘争心も戦術も消え失せた。ヨコハマで完敗を喫する惨劇」と銘打ち、次のように辛辣な批評を掲載した。

「10年前に札幌で0-3の完敗を喫して以来の韓日戦だ。そのリベンジを果たすどころか、韓国はまたしても惨劇を演じ、最悪を最悪で塗り替えてしまったのである。救いようのない不出来で、とりわけ前半はシュート1本(日本は9本!)という体たらくだ。開始7分にエンドウのシュートがバーを叩いたのを皮切りにピンチの連続。ヤマネに守備の裏を突かれて先制点を奪われると、イ・ガンインのパスミスから逆襲を受け、カマダにもゴールを決められてしまった。

「後半は少し盛り返す時間帯もあったが、チャンスはホン・チョルのFKが相手GKをヒヤリとさせたあの一度きり。ボール支配で上回ったが何度も守備を攻略され、後半から登場したGKキム・スンギュはずっと大忙しだった。彼はよく奮闘したが、エンドウのゴールは阻止できずに0-3。目も当てられない結果と内容に終わった」

 そして同メディアは「この日の横浜には8536人の観衆が詰めかけ、韓国のサポーターも少数ながら東スタンドに陣取った」と記し、「彼らは酷い結果にも関係なく、最後までチームを鼓舞し、ドラムを鳴らし続けていた」と伝えた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】森保ジャパンが宿敵・韓国を3-0で撃破! 横浜決戦の厳選フォトをお届け!
【関連記事】
【韓国戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
「ヨコハマの惨劇!」「完璧に叩きのめされた」日韓戦で完敗を喫した母国代表チームを韓国メディアが糾弾!
「2軍だったのは言い訳にならない」日本に惨敗の韓国代表を母国メディアが辛辣批判!「長所の闘志でも負けていた」
「敗因はゼロトップ」「我々は2軍だから…」日韓戦での完敗を認めつつ、韓国メディアからは負け惜しみの論調も
「替えがきかない」大迫勇也が2アシストで日韓戦の完勝に貢献!“いぶし銀”の活躍を海外データサイトが称賛

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ