相模原の歴史的勝利に導くハイパフォーマンス。藤本淳吾はまだまだ走り続ける

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWEB)

2021年03月22日

「意外とああいうのって、入ったりするだって思って」

大宮戦で途中出場の藤本は同点弾を演出し、逆転弾をゲット。2得点の絡むハイパフォーマンスで相模原の“J2初勝利”の立役者に。(C)SC相模原

画像を見る

 昇格組のSC相模原に待望の“J2初勝利”を呼び込む鮮やかな一撃だった。

 3月21日にホームで迎えた4節・大宮アルディージャ戦。1-1で迎えた90+3分、タッチライン際でユーリからのパスを受けた藤本淳吾は、そのままペナルティエリアに侵入。巧みなステップで対応にきたDFの逆を取った瞬間、左足を一振り。放たれたボールは逆サイドのポストに当たってゴールに吸い込まれた。

 シュートは狙いどおりだったという。

「良い具合に中に入れたので、打ってみようかなと。意外とああいうのって、入ったりするだって思って」

 試合は前半に先制される展開だったが、同点弾を演出したのも藤本だった。この日はベンチスタートで、84分に途中出場。その4分後、右CKで質の高いキックを披露。相手が前に撥ね返せなかったボールはポストを叩き、そのこぼれ球を平松宗が押し込んだ。

 アディショナルタイムを含めれば、わずか約10分のプレータイムで2得点に絡む活躍ぶり。チームは開幕からの3試合で2分1敗と白星がなかった。殊勲のレフティは「点も取れたし、勝ててよかった」と安堵した。

 今年でプロ16年目の36歳。一時は引退の二文字が頭をよぎったこともあった。2019年7月、ガンバ大阪から京都サンガF.C.にレンタル移籍。シーズン終了後、いずれのクラブとも契約満了となる。その後、新天地を探したが、なかなか見つからなかった。

 このまま辞めるか、でも、もう少し続けたい――そんな藤本に声をかけたのが、当時J3の相模原だった。昨年8月、地元神奈川のクラブの一員に。15試合に出場し、J2昇格に貢献した。

「やっていて、よかった」

 今季の開幕直後、改めて今の心境について聞けば、藤本はそう応えた。「この歳になって、走力も伸びたし」と笑顔を見せる。現役として充実した日々を送っているのだろう。「40歳まで続けたい」と意欲を燃やす。

 チームメイトには、藤本が目指すべき大先輩、41歳の稲本潤一がいる。大宮戦で今季初出場した稲本は、この試合の藤本の活躍について「しっかりベテランの力を出してくれましたね」と称えた。
 
 勝点50でJ2残留。それが相模原の今季の目標だ。「誰もが、相模原が降格するんだろうなと思っているかもしれない」と藤本は想像する。だが、チームが一丸となって戦えれば「とんでもないことが起こせる」と言葉に力をこめる。

 自慢の左足がもたらした大宮戦の2-1の逆転勝利で、チームはまたひとつ一枚岩になったに違いない。「年齢がいっている人が活躍して、下の世代の人らが刺激を受けてチームが向上していけばいい」と稲本は言う。

 40歳まであと4年。藤本淳吾はまだまだ走り続ける。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェストweb編集部)

【日本代表PHOTO】韓国、モンゴル戦に臨む招集メンバー23人

【日本代表PHOTO】U-24アルゼンチン戦に臨む招集メンバー23人

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ