【藤本淳吾は今どうしている?|前編】ガンバ、京都を契約満了。「“ゴール”は見えている」

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2020年05月03日

「だから、ツネさんに話を聞きに行ったりもした」

06年のプロ入りから今年で15年目。36歳となった今も高い技術や戦術眼は衰えていない。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 結果は分かっているのに、索引の「ふ」の欄を指でなぞってみる。やっぱり、ない。2020年シーズンの選手名鑑に、「藤本淳吾」の名前は載っていない。

 ガンバ大阪で4年目を迎えた昨季は、夏にJ2の京都サンガF.C.にレンタル移籍。年が明けてから8日後、いずれのクラブとの契約満了が発表される。次なる新天地はどこになるのか。その知らせが一向に届かない。現役引退のリリースもない。

 そうこうしているうちに、選手名鑑は校了。だから、分かっている。分厚いその本に「藤本淳吾」の顔写真も、キャリア表も、詳細なデータも見つけられないことを。

 リーグ戦が開幕する頃にはさすがに決まっているだろう。だが、なんの音沙汰もない。オフィシャルブログの更新も昨夏から途絶えている。いったい、どうなっているのか。現状を知るだけならいくらでも手段はあるが、ここまでの経緯と、これからについて、本人に直接話を訊きたいと思った。

 オンラインでの取材許可を得て、画面に映る藤本を眺めると、昨季の短髪からそれなりに髪が伸びて、36歳という年齢のわりには若々しい印象を受けた。

――◆――◆――
――まずは昨シーズンについて聞かせてほしい。前半戦はG大阪で出場2試合、後半戦は京都で8試合という成績。数字的にも納得できないと思うけど、振り返ると?
「去年というより、その前のシーズンに監督がレヴィー(・クルピ)からツネさん(宮本恒靖)に代わって、(小野瀬)康介が移籍してきて、そこから……。まあ、同じポジションだし、自分としては結果を出しながら出場機会をうかがおう、とは思っていた。半年間はそういう風に過ごして、去年はこのまま出番が少なくなるのか、そこは自分次第だと考えていたけど、キャンプ中や開幕前ぐらいから、チームの構想にあんまり入ってなさそうだな、と」

――実感があった?
「そうそう。開幕戦(横浜戦/●2-3)もメンバーから外れたし。若手に切り替えようとしていたのかな。それでもルヴァンカップではチャンスを掴んで、リーグ戦は2節の清水戦で途中から出たりしたけど、自分としては、“絶対的な人”でも中心選手でもない、メンバーに入るか入れないかぐらいの位置付けだと思っていた。だから、ツネさんに話を聞きに行ったりもした」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月22日号
    10月8日発売
    J1&J2&J3
    ネクストブレイク
    BEST 100
    必見の若手有望株を一挙公開!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ