【J1ベストイレブン】MVPは横浜の“スピードスター”! ビッグセーブ連発の守護神も堂々の選出

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月15日

2ゴールの前田が攻守でハイパフォーマンス!

【4節のベストイレブン】

画像を見る

 J1リーグは3月13日、14日に各地で第4節の9試合を開催した。ここでは、今節の全試合からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介していく。

 MVPは、横浜の“スピードスター”前田大然。3-0で完勝した浦和戦で2得点と躍動し、なおかつ守備でも奮闘するハイパフォーマンスを見せた。

 浦和戦にセンターフォワードで先発した前田は、開始早々の3分に右サイドからのクロスに合わせて先制点を挙げると、さらに26分にも強烈な右足のシュートで追加点をゲット。チームに勢いをもたらした2ゴールだけでなく、持ち前の俊足を生かした激しいプレスでも相手の脅威に。最高評価の「7.5」とした。

 横浜からは、センターバックのチアゴ・マルチンスもチョイス。安定感抜群のプレーで最終ラインを牽引した。
 
 神戸を相手に“ウノ・ゼロ”勝利を挙げ、3試合連続でクリーンシートを達成した名古屋からも、丸山祐市と稲垣祥の2名をセレクトした。前者は相手攻撃陣に自由を与えず無失点勝利に貢献。後者はチームを4連勝に導くミドルシュートを決めるなど存在感を示し、前節に続いての選出となった。

 また、王者川崎からは圧巻の突破力を見せた三笘薫、湘南からは1ゴール・2アシストの高橋諒、福岡からは同点弾を挙げて守備でも身体を張ったエミル・サロモンソンをそれぞれ高採点「7」で文句なしの選出とした。

 そのほか、ビッグセーブを連発した清水の権田修一、決勝点で特大のインパクトを残したC大阪の大久保嘉人、相手に押される展開のなかで貴重な同点ゴールを決めた大分の町田也真人、開幕3戦連発と絶好調の鹿島の荒木遼太郎をピックアップした。

【動画】サッカーダイジェストWeb編集部が選んだ今節のベストイレブン

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ