シーズン半ばで発表されたマルコ・ローゼ監督の電撃移籍。揺れるボルシアMGに残された道は…【現地発】

カテゴリ:連載・コラム

中野吉之伴

2021年03月10日

シーズン最中、来季はライバル・ドルトムントの監督になると発表

レッドブル・ザルツブルクからボルシアMGへ、そしてドルトムントへと着実にステップアップしているマルコ・ローゼ監督。 (C)Getty Images

画像を見る

 ボルシアMGとドルトムントによるドイツカップ準々決勝を前に、ドイツメディアでは両監督の対決にフォーカスされた見出しが多く踊っていた。来シーズンからドルトムント監督となるローゼと、今の暫定監督から同チームのアシスタントコーチとなるテルジッチという対立図式に興味を持つサッカーファンも多かったことだろう。

 ローゼは試合前に何度も「これはボルシアMGとドルトムントの試合だ」という点を強調していたが、どうにもタイミングが良くない。

 現在進行形で監督を務める人物は、所属クラブがある以上、戦績不振で解任・辞任という流れがない限り、基本的にそのまま来シーズンも続投となることが少なくない。もちろん契約満了でシーズン終了と同時に別の道を歩むという選択もできるが、そのためにシーズン中に監督の来季去就が決まる場合があっても、その時点で監督職にはついていない人物が迎え入れられるケースが多い。

 今シーズンのボルシアMGは、チャンピオンズ・リーグ(CL)で決勝トーナメント進出を決め、リーグでも上位進出への可能性を残していた。そんな状況で2月15日、リュシアン・ファーブル監督が解任され、いろいろな問題を抱えていたライバルクラブへ来シーズンからローゼ監督が就任するという電撃移籍が発表された。これに納得のいかないボルシアMGファンの気持ちも分からなくはない。
 
 お送り出す側のマックス・エッベルSDが主張するように、契約上は何の問題もない。ローゼには違約金とともに移籍することができる条項が契約書に含まれており、それを正当に行使した。そして、この条項がなければ、レッドブル・ザルツブルク時代に素晴らしいサッカーで注目を集め、ほかのクラブからも狙われていたローゼを、ボルシアMGの監督として迎えることはできなかったという過去も、事実なのだ。

 ローゼがドルトムントでの新しいチャレンジを、自分が望む素晴らしいステップアップと受け止め、移籍を決断するのは彼の権利だ。ドルトムントの再建を託され、バイエルンと覇権を争うためのチーム作りは、どれだけ刺激的な仕事だろう。いちサッカーファンとして期待しかない。

 ただ、ファンがそうした「サッカー界とはそういうものだから」というビジネスライクな考え方を受け入れなければならないのも、少し極端ではないだろうかと思うのだ。その数週間前に、ローゼ自身が「ボルシアMGで大きなことを成し遂げたい気持ちを持っている」と発言していただけに、その思いもなおさら。不義理で理不尽だとののしりたくもなるだろう。
【関連記事】
なぜ、ハノーファーに原口元気が欠かせないのか? 今夏の去就問題で浮彫りになる「背番号10」の存在感【現地発】
「今シーズンで終わりかなと…」37歳・長谷部誠、フランクフルトとの契約延長を発表! 現地サポーターからも祝福の声
室屋成への「スシの国」発言は人種差別か? ドイツファンの意見は真っ二つ! ハノーファー関係者は…
「あんなに長くは…」長谷部誠について、7歳年下の“ライバル”は何を思う?「ハセが競う相手は日本にいる」
「カマダがどれだけ重要な存在であるか…」“停滞”したフランクフルト、鎌田大地の不在が及ぼした影響を現地メディアが指摘

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ