結果と内容を両立――。名将クロップへのバッシングに思う“サッカー界の非情”【現地発】

カテゴリ:メガクラブ

エル・パイス紙

2021年03月05日

クローズアップされているアタランタ指揮官の指導力

昨シーズンとは一転、年明け以降は厳しい戦いを強いられているクロップ。(C) Getty Images

画像を見る

 いくら名声を得ても、結果が出なければ、すぐに無力化されてしまう。現在ユルゲン・クロップが置かれている状況を目の当たりにすると、サッカーの非情さを改めて実感させられる。

 昨シーズン、圧倒的な強さでリバプールを30年ぶりのトップリーグ制覇(プレミアリーグとなってからは初)に導いた手腕を評価され、FIFA男子年間最優秀監督賞に選出されたのはわずか2か月余り前のことだ。確かにこうした賞は付録に過ぎないが、メディアの威光も借りて成功を測るバロメーターの役割を果たしているのは間違いない。

 しかも、クロップはボルシア・ドルトムント時代にブンデスリーガを連覇(10-11、11-12)し、2015年10月にリバプ―ルの監督に就任してからは18-19シーズンにチャンピオンズ・リーグ(CL)を制覇した。しかしこれだけの実績をもってしても、結果の前ではあまりにも無力だ。2020年の暮れに称賛と賞を欲しいままにしていた栄光の日々から一転、年明け以降のチームの失速が原因で激しいバッシングを浴びている。

【動画】まさかのホーム5連敗…リバプールの最新試合、チェルシー戦のハイライト
 ただこれは何もクロップだけが直面している現象ではない。ライバルのジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ監督)も、国内リーグだけでもプレミアリーグを2度、ブンデスリーガとラ・リーガをそれぞれ3度ずつ制覇しながらも、結果が伴わなければ、あるいはメディアが設定するノルマを達成しなければ、瞬く間にバッシングの対象となる。

 だが、クロップとグアルディオラが一流の監督と呼ばれるのはれっきとした理由がある。その最たるものが率いるチームに明確なコンセプトを刷り込む卓越した指導力だ。

 その意味ではジャン・ピエロ・ガスペリーニのケースは象徴的だ。このアタランタの知将の指導力が昨今これほどまでにクローズアップされているのは、一介のプロビンチャをセリエA、CLで未知のステージまで導いた実績以上に、見る者の心を揺さぶる攻撃的なスタイルを前面に押し出してその偉業を成し遂げている手腕が評価されているからに他ならない。

 クロップも同様だ。2008年夏にボルシア・ドルトムントの監督に就任した時、ドイツ屈指の名門は低迷期にあった。しかしチームを立て直し、前述したようにブンデスリーガ連覇を達成。12-13シーズンには決勝でバイエルンに敗れたとはいえ、CLのファイナリストとなった。そして14-15シーズン終了後に退任した際、数々の忘れられない思い出とともに自らが「ヘビーメタル」と称し、丹精込めて進化させてきたプレーモデルを置き土産として残していった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ