【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「デルビーで味わった失望と寂しさ……そしてついに株式譲渡でミランは新時代へ」

カテゴリ:メガクラブ

マルコ・パソット

2015年04月22日

欧州カップ出場に相応しくないことが伝統の一戦で証明された。

これまでのような凡ミスがなかったことでミラノダービーは締まった試合にはなったが、地味な顔ぶれによる質の低いサッカーでのドローは、多くの人々に失望を与えた。写真の右は前線右サイドでスタメン出場したスソ。 (C) Alberto LINGRIA

画像を見る

 希望が幻滅へと変わるまでに、それほど時間はかからなかった。とても短い、短すぎた……。
 
 デルビー(ダービー=ミラノダービー)の前、シルビオ・ベルルスコーニ・オーナーはミラネッロに選手を訪ね、選手たちをこんな言葉で鼓舞した。
 
「これは我々にとって、光明となる試合だ。諸君が持てる限りの力を出し切って頑張ってくれると私は信じている」
 
 しかし、試合後のガッリアーニのコメントはあまりにも苦かった。
 
「語るべき試合ではない。泣くべき試合だ」
 
 さらには、シーズンを通してひたすら選手たちを擁護してきたフィリッポ・インザーギ監督からも、批判めいた言葉が飛び出した。
 
「我々はリズムを見失っていた。何が何でも、という強い気持ちがもっと必要だ」
 
 つまりミランにとって、今回のデルビーは、少し前から何となく分かっていたこと――ヨーロッパリーグ(EL)という目標にたどり着くに必要な実力もメンタリティーも持ち合わせていないことを、はっきりと知るための試合となってしまった。
 
 もちろん、数字の上ではまだ可能性はあるが、ミランより順位が上のどこかのチームが今後大ゴケでもしてくれない限り難しいだろう。上位チームのうち、7位のジェノアと8位のトリノに関しては、サンシーロでの直接対決で勝点差を縮めるチャンスがある。
 
 しかし、たとえ彼らを抜いても、その上にはまだ5位のサンプドリアと6位のフィオレンティーナがいる。この2チームとの対決はすでに終わっているので、彼らのうちのどちらかが自滅するのを待つしかない。
 
 しかし、おそらく問題はそこではないだろう。デルビーでのプレーを見る限り、ミランはEL出場権を手に入れるに相応しいレベルのチームではないのだ。ピッチでミランが見せたものは、相変わらずの萎縮したプレーに不正確な戦術と、何ら進歩の見られないパフォーマンスだった。
 
 さて今回のデルビーでは、両チームとも“サムライ”を欠いていた。本田圭佑も長友佑都も90分間をベンチで過ごしたのである。
 
 そんな二人を見るのは、少しばかり寂しかった。「ミランが負けたら髪を紫に染めろよ」と長友が本田をからかってメディアを賑わせたのは、今シーズン前半のデルビーだったが、まるで何世紀も前のことのようにも感じる。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月5日発売
    己の価値を証明せよ!!
    2019-2020シーズン版
    必見タレントFILE
    夏の大物移籍の舞台裏も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ