【名古屋グランパスの開幕戦・予想布陣】柿谷の加入で、恐るべき攻撃ユニットが誕生! 復帰の右SB宮原には“イケイケ”を期待

カテゴリ:Jリーグ

今井雄一朗

2021年02月27日

まさしく“新旧融合”の感

名古屋グランパスの開幕戦、予想フォーメーション。

画像を見る

[J1リーグ開幕節]福岡-名古屋/2月28日(日)/13:00/ベスト電器スタジアム

 本格始動となった沖縄キャンプからのチームの様子を見る限り、開幕戦の予想メンバーはまさしく“新旧融合”の感がある。

 DFラインは不動のメンバーで、唯一、成瀬竣平が別メニューの日もあり宮原和也を一番手としておいた。昨季を負傷によってほぼ棒に振った右サイドバックの意気込みは熱く、攻撃面での貢献度アップを宣言するなど4得点を挙げた2019年のような“イケイケ”を見ることができるかもしれない。

 中盤から前は“ハイブリッド”だ。昨季の主力3人に新加入3人をミックスした陣容は、安定と進化の両面をピッチに描き出す。MFのみならず全体の守備の要でもある稲垣祥の相棒には、長澤和輝と米本拓司が両並びで競う形だが、おそらく最初は新戦力の前者を実戦で順応させるために積極的に起用するだろう。安定したパフォーマンスを計算できる後者は、連戦の中でバックアップに回る機会も増えると見る。昨季もクローザー的な役割をこなした実績もあり、稲垣、長澤、米本のローテーション完成へと、まずは同期コンビに中盤の底を託す。
 
 前線は多士済々で、豪華な顔ぶれが揃った。なかでも予想した4名はキャンプ中の琉球との練習試合で45分間5得点という破壊力を見せつけたセット。柿谷曜一朗の動き出しの速さが2列目のセンスを引き出し、そこから広がる攻撃の幅とスピード感は昨季以上だ。プレッシングの意識も高く、チャンスメーク力と決定力にも長ける名古屋の新たな武器と言えるだろう。

 ベンチに控えるのが前田直輝、シャビエル、相馬勇紀、山﨑凌吾というから、恐るべき攻撃陣の層の厚さと言えるだろう。彼らは連戦の中で色々な組み合わせで様々な顔を見せてくれそうだ。

取材・文●今井雄一朗(フリーライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ