「リネカーがいたことしか知らなかった」“ピクシー”ストイコビッチが日本行きを決断した理由を告白!「忍耐がない中国では…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年02月18日

「イングランドからオファーがあったが…」

指揮官として戻ってきた名古屋に初のリーグタイトルをもたらしたストイコビッチ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 現役生活を日本で終え、指導者としてもタイトルを獲得し、中国でも指揮を執った。“ピクシー”の愛称で親しまれた元ユーゴスラビア代表のドラガン・ストイコビッチは、アジアとの縁が深い。

 レッドスターやマルセイユ、ワールドカップで名を馳せたストイコビッチは、1994年から2001年まで名古屋グランパスエイトでプレー。引退後、2008年に指揮官として名古屋に戻り、2年後にクラブ初となるJ1優勝を遂げた。2013年に退任したストイコビッチは、2年後に広州富力の指揮官に就任。5シーズンにわたって采配を振るった。

 2月17日、イタリアのウェブサイト『TUTTOmercatoWEB』のインタビューで、ストイコビッチはアジアでの経験に言及した。日本に行くことを決めた経緯を、「マルセイユが不正事件で降格となり、名古屋からオファーを受けた」と振り返っている。

「知っていたのは、ガリー・リネカーがプレーしていたということだけだったよ。当時は多くのカンピオーネが日本に行っていた。(サルバトーレ・)スキラッチ、ドゥンガ、(ピエール・)リトバルスキーなどね。それで思った。『どうしてダメなんだ?』とね。そしてこの経験にトライすることを決めた。結局、7年いたよ」

 ストイコビッチは「ユーゴスラビア連盟やレッドスターの会長を経て、名古屋に戻った」と続けた。

「監督としてもさらに6年を過ごした。われわれは素晴らしいことをしたんだ。2010年にはクラブにとって初のリーグ優勝を実現した。誰も信じていなかったが、わたしは成し遂げたんだ」

【動画】ピクシーがJリーグで披露した「伝説のドリブル」はこちら
 欧州が恋しくなかったか問われると、ストイコビッチは「名古屋の次にイングランドからオファーがあったが、金銭面で合意に至らなかったんだ」と答えている。

「そして広州からのオファーがあった。5年やることになったよ。わたしは仕事を始めると、プロジェクトを最後まで全うすることを喜ぶ人間なんだ。それに、アジアの文化が好きなんだよ。中国でも仕事場が大好きだった。とても幸せだったよ。変える理由がなかった。中国では監督への忍耐があまりなく、簡単に解任される。そこでわたしは5年続けたんだ」

 現在は「実質的にバカンス中」というストイコビッチは、次にどのような冒険に挑むのだろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
「小さい頃から憧れ」「少しでも認めてもらいたくて」玉田圭司が語るストイコビッチ
「あまりに異なる国だった」名伯楽ヴェンゲルが英紙で“日本”を語る「外国人として地元の人以上に…」
「名古屋での冒険はトレジャー」。今なお心に響くストイコビッチの名言(前編)
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「Jリーグで一番すごいと思ったのは…」名手ビジャが絶賛した“完璧な選手”とは? 日本を愛する娘との秘話も明かす

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月5日発売
    2021-2022シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    ビッグクラブ選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ