「日本人が試合を動かした」攻撃を活性化した久保建英にスペイン有力紙が単独の“チーム最高評価”!「危険なシーンを2度創出した」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年02月15日

右サイドで「純粋なウイングとしてプレー」

2試合連続のベンチスタートとなった久保は、58分からの途中出場で見せ場を作り出した。(C)Getty Images

画像を見る

 2月14日、久保建英が所属するヘタフェは、ラ・リーガ第23節のレアル・ソシエダ戦に臨み、0-1で敗れた。

 2試合連続のベンチスタートとなった久保は、1点ビハインドで迎えた58分から途中出場。67分には見事なフェイントで対峙したミケル・オジャルサバルを手玉に取り、FWクチョ・エルナンデスのヘディングシュートに繋がるクロスを送り込んだ。

 80分にも、右SBのニョムへいいタイミングでパスを供給したが、カメルーン代表DFのクロスは精度を欠いて、シュートには持ち込めなかった。

 約30分間プレーした久保について、マッチレポートで「日本人が試合を動かした。実質的に何かやったわけではないが、少なくともヘタフェがまだ死んでいないことを示した」と綴った現地紙『AS』は、採点で両チーム最高タイ、ヘタフェでは唯一の「2点」(3~0点)の高評価を与えている。

 個人寸評の見出しでも「輝きのないチームで、クボは存在感を垣間見せた。日本人は右サイドからポリシーのないチームを活性化させた」と称え、こう続けた。

「今回は純粋なウイングとしてプレーし、2度の良いアクションで(相手にとって)危険なシーンを生み出した」

久保の奮闘もむなしく、3連敗で5戦未勝利、4試合連続ノーゴールと復調の兆しが見えないヘタフェ。AS紙が称えたように、久保が投入されてから全く攻め手がなかった状況が多少なりとも改善されたのは明らかなだけに、次節、金曜開催のベティス戦ではスタメン復帰を期待したいところだが……。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部




【動画】現地メディアが称賛!スペイン代表FWを翻弄した久保建英の超絶テクニックはこちら(2分~)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ