「日本人が試合を動かした」攻撃を活性化した久保建英にスペイン有力紙が単独の“チーム最高評価”!「危険なシーンを2度創出した」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年02月15日

右サイドで「純粋なウイングとしてプレー」

2試合連続のベンチスタートとなった久保は、58分からの途中出場で見せ場を作り出した。(C)Getty Images

画像を見る

 2月14日、久保建英が所属するヘタフェは、ラ・リーガ第23節のレアル・ソシエダ戦に臨み、0-1で敗れた。

 2試合連続のベンチスタートとなった久保は、1点ビハインドで迎えた58分から途中出場。67分には見事なフェイントで対峙したミケル・オジャルサバルを手玉に取り、FWクチョ・エルナンデスのヘディングシュートに繋がるクロスを送り込んだ。

 80分にも、右SBのニョムへいいタイミングでパスを供給したが、カメルーン代表DFのクロスは精度を欠いて、シュートには持ち込めなかった。

 約30分間プレーした久保について、マッチレポートで「日本人が試合を動かした。実質的に何かやったわけではないが、少なくともヘタフェがまだ死んでいないことを示した」と綴った現地紙『AS』は、採点で両チーム最高タイ、ヘタフェでは唯一の「2点」(3~0点)の高評価を与えている。

 個人寸評の見出しでも「輝きのないチームで、クボは存在感を垣間見せた。日本人は右サイドからポリシーのないチームを活性化させた」と称え、こう続けた。

「今回は純粋なウイングとしてプレーし、2度の良いアクションで(相手にとって)危険なシーンを生み出した」

久保の奮闘もむなしく、3連敗で5戦未勝利、4試合連続ノーゴールと復調の兆しが見えないヘタフェ。AS紙が称えたように、久保が投入されてから全く攻め手がなかった状況が多少なりとも改善されたのは明らかなだけに、次節、金曜開催のベティス戦ではスタメン復帰を期待したいところだが……。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部




【動画】現地メディアが称賛!スペイン代表FWを翻弄した久保建英の超絶テクニックはこちら(2分~)
 
【関連記事】
「クボに頼るのをやめたのか?」“苛立つ”ヘタフェ指揮官の答は――。なぜ久保建英ではなく右SBがスタメンだったのか
「クボは最悪、パクは期待以上だ」久保建英とコリアン系マドリー新星の“対決”に韓国メディアが意気揚々!「対照的だった」
「普通の女の子になりたい」“最も美しい少女”として人気の中国女子選手が突然の引退宣言で現地騒然! 驚きの“真相”とは?
【安永聡太郎】「マジョルカやビジャレアル以上に困難」久保建英が“アンチ”のヘタフェで求められる高度な役割とは? 「例えるならイタリアの…」
「4000万ユーロの価値がある」中島翔哉のデビュー戦をアル・アイン指揮官が祝福! サポーターからは買取熱望の声

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月5日発売
    2021-2022シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    ビッグクラブ選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ