「クボは最悪、パクは期待以上だ」久保建英とコリアン系マドリー新星の“対決”に韓国メディアが意気揚々!「対照的だった」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年02月14日

ナイジェリア人の父と韓国人の母を持つ

久保がベンチスタートとなった一戦で先発デビューを飾ったのがパク(右)だ。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間2月9日に開催されたラ・リーガ第1節(延期分)で、久保建英が所属するヘタフェが、レアル・マドリーと敵地で対戦。0-2で敗れた。

 保有元であるマドリーと通算4度目の対戦となった久保は、5試合ぶりのベンチスタート。スコアレスで迎えた54分から途中出場したものの、インパクトを残せず、守備での甘さが失点に繋がるなど、厳しい結果となった。

 その“日本の至宝”のお株を奪う形となったのが、カスティージャ(Bチーム)所属で、この試合でリーガ初先発を飾ったマドリーのMFマルビン・パクだ。ナイジェリア人の父と韓国人の母を持ち、スペインU-19代表に名を連ねている20歳は、右のウイングバックのスターターに抜擢されると、積極的な攻め上がりを披露した。

【動画】3人に囲まれながらも浮き球のパスで打開! 保有元のマドリーに挑んだ久保建英のプレーをチェック
 
 韓国系選手の活躍に、母親の母国のメディアも沸いているようだ。韓国の有力紙『朝鮮日報』は、「マルビン・パクとクボの対決は対照的な結果に」と題した記事を掲載。「パクは、期待以上だったがクボは最悪だった」と伝えた。

 記事はデータサイト『Sofa Score』のレーティングで、パクが及第点以上の「7.1点」を叩き出したのに対して、久保は5.8点で「全出場選手中どん底だった」と紹介。「精彩を欠いた」という現地メディアの声も報じている。

 ともにマドリーが保有する久保とパク。ピッチで共闘する姿が見られる日が訪れるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】絶妙のタッチに注目! 久保のパスカットから始まった電光石火の18秒弾はこちら

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ