直前にゴールを取り消されるも…好調・鈴木優磨が渾身ヘッドで今季14点目を奪取! STVVは連敗で空砲に…

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年02月14日

2点ビハインドから一矢を報いるも…

今季14ゴール目をマークした鈴木優磨だが、チームは連敗を喫している。(C)STVV

画像を見る

 現地時間2月13日、ベルギー・リーグ第26節が行なわれ、15位シント=トロイデン(STVV)はホームに11位ズルテ・ワヘレムを迎えた。

 FW鈴木優磨とシュミット・ダニエルが先発、伊藤達哉や松原后はベンチ外となったこの一戦、STVVは前半から優勢に試合を進める。鈴木も好機に恵まれるが、あと一歩のところでゴールネットを揺らすことができず、スコアレスで折り返す。

 すると、後半52分、55分と立て続けに2失点を喫して突き放され、苦しい状況に追い込まれる。追いかけるSTVVは69分、鈴木がエリア内でボールを受け、GKと交錯しながらもゴールにねじ込んだものの、VAR検証の結果、トラップした際にハンドをとられ、得点は無効になる。

 それでも72分、右サイドを切り裂いたブルースからのクロスに今度は頭で合わせた鈴木が、今シーズン14点目のゴールを決めた。

 だが、その後は追加点を奪えずに試合は1-2で終了。STVVはリーグ戦2連敗を喫し、暫定15位と低迷している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】鈴木優磨が止まらない!渾身のヘッドで決めた今季14点目&試合後インタビューはこちら!
【関連記事】
「強いインパクトを残した」中島翔哉、UAEデビュー戦で決勝点を演出! 首位クラブを下す金星に貢献
「クボは最悪、パクは期待以上だ」久保建英とコリアン系マドリー新星の“対決”に韓国メディアが意気揚々!「対照的だった」
「完全に開花した」STVV監督が今季12ゴールを達成した鈴木優磨に太鼓判!「あらゆる試合で重要な存在」
本田圭佑が結んだ「たった5日間の契約」に英紙記者もビックリ! ”日本のレジェンド”の現状に注目
岡崎慎司が愛する古巣レスターを語る。ともにプレミアを沸かせた“元相棒”の現状には「信じられない」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ