本田圭佑が結んだ「たった5日間の契約」に英紙記者もビックリ! ”日本のレジェンド”の現状に注目

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年02月13日

「ブラジルでの旅は成功とはいえない」

ブラジルからポルトガル入りしていた本田だが、試合出場が叶わず、フリーに。(C) REUTERS/AFLO

画像を見る

 昨年末にブラジルのボタフォゴを離れ、ポルトガル1部のポルティモネンセに加入が発表されていた本田圭佑。だが、同リーグの選手登録が叶わないことが判明し、契約は「白紙」に。元日本代表MFは、再び新天地を探す身となった。

 さすがに今回のケースは、ヨーロッパでも珍妙に映ったようだ。英紙『The Sun』は12日、「たった5日間で”日本のレジェンド”本田とポルティモネンセの契約は終わった」と伝えている。

 同紙のアンソニー・チャップマン記者は「ケ・セラ・セラ」と「なるようになるさ」の意味を持つ、励ましともとれる言葉をタイトルに飾りつつ、「ポルティモネンセに加入すると発表してから、わずか5日のことだ。彼は規定により、残留争いにあるポルトガルのチームに参加することは叶わなかった」と綴っている。

「本田は今夏に開催される東京五輪での代表に選出されることを熱望しており、一刻も早く移籍先を見つけたい。だが、ブラジルでの旅は成功とは言えない。ボタフォゴでは27試合に出場し、わずか3ゴールを記録しただけだった」
 
 さらには、自身のSNSを通じてマンチェスター・ユナイテッドに働きかけた経緯や、オランダでのフィテッセでは4試合のみの出場。その前にはオーストラリアのメルボルン・ビクトリー、メキシコのパチューカなどで経験を積んだことも紹介されている。

「だが、彼をスターの座に押し上げたのはロシアとイタリアで過ごした時間だった。2010年からはCSKAモスクワで過ごし、2013年には国内三冠に貢献。その後はセリエAのミランに加入し、92試合に出場して11ゴールを記録した」

 本田は自身の音声サービスを通じてポルティモネンセとの契約が「白紙」になると認めており、ヨーロッパに残ることを前提に新天地探しを行なうと発言。果たして、次に向かうのはどの国になるのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「始まる前に終わりつつある」本田圭佑のポルティモネンセ入り“消滅騒動”に伊メディアも驚愕!
「完璧なパスなんて1本もなかった」柏が狙うボタフォゴのエースは本田圭佑の“通訳代わり”。尊敬の対象から「反ホンダ派」に…【現地発】
「44歳の私より遅かった」ボタフォゴ退団の本田圭佑を元ブラジル代表MFがバッサリ! 同僚やOBなどからも厳しい声「俺たちをだました」【現地発】
「なぜ彼は海外でプレーし続けるの?」札幌の助っ人FWが本田圭佑の去就に意見! 本人の回答は――
「奇跡的に入団した日本人を…」香川真司に高まる期待にギリシャ・メディアが“警鐘”!「歴史的な過ちを繰り返してはならない」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ