ボローニャ冨安健洋が堂々の1位!「セリエA出場時間ランキング」を現地メディアが発表

カテゴリ:海外日本人

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年02月09日

全21試合にフル出場は2人のみ

今シーズンはCBと右SBのほか、左SBでもプレーしている冨安。(C)Getty Images

画像を見る

 ボローニャのシニシャ・ミハイロビッチ監督が、冨安健洋を高く評価し、強く信頼しているのは周知のとおりだ。それは、つねに冨安を起用し続けていることが証明している。

 冨安は今季、セリエAの全21試合で先発フル出場している。プレー時間1890分は、ベネベントのカミル・グリクと並び、リーグトップタイの数字だ。

 イタリア衛星放送『Sky Sport』は2月8日、両選手を頂点とする21節消化時点の最長プレー時間選手ランキングを記事化した。上位は以下のようになった。

1位 冨安健洋(ボローニャ):出場21試合、プレー時間1890分
1位 カミル・グリク(ベネベント):出場21試合、プレー時間1890分
3位 ダニーロ(ボローニャ):出場21試合、プレー時間1871分
4位 ジョアン・ペドロ(カリアリ):出場21試合、プレー時間1870分
5位 ロベルト・ソリアーノ(ボローニャ):出場21試合、プレー時間1859分
6位 ダビデ・カラブリア(ミラン):出場21試合、プレー時間1852分
7位 ジャン・マルコ・フェラーリ(サッスオーロ):出場20試合、プレー時間1799分
8位 ロドリゴ・デ・パウル(ウディネーゼ):出場20試合、プレー時間1785分
9位 ジュニオール・メシアス(クロトーネ):出場20試合、プレー時間1784分
10位 アンドレア・ベロッティ(トリノ):出場20試合、プレー時間1781分
 
 ボローニャからは、冨安のほかに、ダニーロとソリアーノも上位にランクインしているのは興味深い。ただ、CBのダニーロやトップ下のソリアーノと違い、今季の冨安は左右両サイドのSBにCBと、最終ラインのあらゆる位置でプレーしている。

 冨安のユーティリティ性は、ミハイロビッチにとっては貴重であり、ボローニャにとって欠かせない存在としていると言えるだろう。

 累積警告リーチの冨安は、次にイエローカードをもらうと出場停止で連続出場が途絶える。もちろん、DFだけに、カード覚悟のプレーが求められるケースもあるが、できる限り長く連続出場を続けてもらいたいところだ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【動画】リーグ戦通算50試合目の出場! 冨安が右SBで奮闘したパルマ戦の様子はこちら!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ