オルンガ大暴れの裏で…カタールで起こった“異常なファウル”にファン驚愕!「凄まじいゴールだったのに」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月26日

スペイン全国紙も「誰もが麻痺したままのFK」と注目

カタールの国内カップ戦で、奇妙な違反行為により、ビューティフルゴールが取り消しとなった。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間1月25日、カタールの国内カップ戦でアル・クワラは、アル・ホライティヤットとホームで対戦。アル・ドゥハイルのオルンガがハットトリックの大暴れを見せた試合と同時刻に行なわれたこのゲームで、“幻のゴラッソ”が生まれ、注目を集めている。

 1-1で迎えた72分、ホームのアル・クワラはゴール前中央の好位置でFKを獲得し、キッカーのモハメド・ベニェットゥが右足を振り抜く。するとボールは鮮やかな弧を描き、ゴール右へと吸い込まれていった。ホームチームの選手たちは喜びの声をあげた、そのときだった。主審が笛を吹き、左手を挙げる。

 実はベニェットゥがシュートを蹴る瞬間、キャプテンのサアド・アル=シャンマリーが壁の前を左右にコミカルに動き回り、相手の気をそらすかのように邪魔をしていたのだ。これが違反行為と見られ、ノーゴールとなってしまったのだった。

【動画】陽動作戦成功も…取り消しとなった“幻のゴラッソ”はこちら
 滅多に見られない光景に、ファンも唖然。SNS上では「異常なファウル」「信じられない」「彼はキャプテンだろ笑」「凄まじいゴールだったのに」といった驚きの声が寄せられている。

 また、スペイン全国紙『AS』も「誰もが麻痺したままのFKのために、ゴールが認められなかった」と映像を紹介している。

 なおアル・クワラはその後、気落ちしたか、85分に勝ち越し点を許し、痛恨の逆転負けを喫している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「被害者の会カタール支部設立」ハット達成のオルンガにファン興奮!現地紙は「日本から来たヒーローだ」
「改善した意味がない」初めて“沈黙”した久保建英を、ヘタフェ指揮官はどう評価した? HTに伝えた修正点とは――
決勝弾にMOM選出…守田英正の衝撃デビューをポルトガル・メディアも絶賛!「ワンプレーで試合を変えた」
「トミヤスに張り付かれ…」冨安健洋の“C・ロナウド封じ”に現地称賛!「本当に最高の選手」
「礼儀正しい国で…」ザッケローニが母国紙で日本代表監督時代を回顧!「人生で最も素晴らしい経験」と評した出来事は?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ