「トミヤスに張り付かれ…」冨安健洋の“C・ロナウド封じ”に現地称賛!「本当に最高の選手」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月25日

最終ラインの2ポジションで奮闘

ユベントス戦にCBで先発し、後半は右SBでプレーした冨安。 (C)Getty Images

画像を見る

 スーパースターにゴールを許すことはなかったが、チームは2失点して敗れた。ボローニャの冨安健洋は、「テスト」に合格したと言えるだろうか。

 ボローニャは現地時間1月24日、セリエAの第19節で王者ユベントスに0-2で敗れた。冨安はCBで先発出場し、後半から右SBでプレー。開幕からの連続先発フル出場を19試合に伸ばしている。

 イタリア・メディアの評価はまずまずだ。衛星放送『Sky Sport』や『TUTTOmercatoWEB』は及第点の6点と採点。後者は「戦術的にとても勤勉に2つの役割をこなし、決して苦しむことなく良い試合をした」と賛辞を寄せた。

 また、『Corriere dello Sport』紙や『calciomercato.com』は、6.5点とさらに高い評価だ。前者は「パーソナリティーのあるプレーでスペースがあるときは前線に飛び出した」と称賛し、後者は「本当に最高の選手。(アリアンツ・)スタジアムでもそれを裏付けた」と激賞している。

 ボローニャ専門サイト『bologna sport news』も、同じ6.5点をつけ、「CBとしてデヤン・クルセフスキを注視し、ほぼつねに抑え、サイドに移り、何度か良い守備。最終ラインのベストであることを裏付けた」と評価した。
 
 やはり6.5点をつけた『Sport Mediaset』は、寸評こそなかったが、クリスチアーノ・ロナウド(採点6)の寸評で「トミヤスに張り付かれ、よりチームのためのプレーをした」と、日本代表DFの存在がユーベのエースを苦しめたと伝えている。

 一方で、『Gazzetta dello Sport』紙は、5.5点と及第点を下回る採点。「守備陣の同僚たちよりは少し良かった」としつつ、「パーソナリティーをもってC・ロナウドに対峙、だが中盤が彼を助けなかった」と評した。

 ボローニャは次節、首位ミランと対戦する。冨安はC・ロナウドに続き、ズラタン・イブラヒモビッチと対峙することになる。地元紙『il Resto del Carlino』紙は、ユーベ戦の前に、C・ロナウドとイブラヒモビッチとの連戦を「トミヤスの“卒業試験”」と表現し、真価が問われる一戦と取り上げていた。

 開幕戦で、冨安とボローニャはスウェーデンの“神”に2得点を許して敗れた。ホームでの次節は、そのリベンジの機会となるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】ボローニャ公式が冨安のプレーを称賛!「トミの壁!」と評された競り合いシーンはこちら

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ