「トミヤスに張り付かれ…」冨安健洋の“C・ロナウド封じ”に現地称賛!「本当に最高の選手」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月25日

最終ラインの2ポジションで奮闘

ユベントス戦にCBで先発し、後半は右SBでプレーした冨安。 (C)Getty Images

画像を見る

 スーパースターにゴールを許すことはなかったが、チームは2失点して敗れた。ボローニャの冨安健洋は、「テスト」に合格したと言えるだろうか。

 ボローニャは現地時間1月24日、セリエAの第19節で王者ユベントスに0-2で敗れた。冨安はCBで先発出場し、後半から右SBでプレー。開幕からの連続先発フル出場を19試合に伸ばしている。

 イタリア・メディアの評価はまずまずだ。衛星放送『Sky Sport』や『TUTTOmercatoWEB』は及第点の6点と採点。後者は「戦術的にとても勤勉に2つの役割をこなし、決して苦しむことなく良い試合をした」と賛辞を寄せた。

 また、『Corriere dello Sport』紙や『calciomercato.com』は、6.5点とさらに高い評価だ。前者は「パーソナリティーのあるプレーでスペースがあるときは前線に飛び出した」と称賛し、後者は「本当に最高の選手。(アリアンツ・)スタジアムでもそれを裏付けた」と激賞している。

 ボローニャ専門サイト『bologna sport news』も、同じ6.5点をつけ、「CBとしてデヤン・クルセフスキを注視し、ほぼつねに抑え、サイドに移り、何度か良い守備。最終ラインのベストであることを裏付けた」と評価した。
 
 やはり6.5点をつけた『Sport Mediaset』は、寸評こそなかったが、クリスチアーノ・ロナウド(採点6)の寸評で「トミヤスに張り付かれ、よりチームのためのプレーをした」と、日本代表DFの存在がユーベのエースを苦しめたと伝えている。

 一方で、『Gazzetta dello Sport』紙は、5.5点と及第点を下回る採点。「守備陣の同僚たちよりは少し良かった」としつつ、「パーソナリティーをもってC・ロナウドに対峙、だが中盤が彼を助けなかった」と評した。

 ボローニャは次節、首位ミランと対戦する。冨安はC・ロナウドに続き、ズラタン・イブラヒモビッチと対峙することになる。地元紙『il Resto del Carlino』紙は、ユーベ戦の前に、C・ロナウドとイブラヒモビッチとの連戦を「トミヤスの“卒業試験”」と表現し、真価が問われる一戦と取り上げていた。

 開幕戦で、冨安とボローニャはスウェーデンの“神”に2得点を許して敗れた。ホームでの次節は、そのリベンジの機会となるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】ボローニャ公式が冨安のプレーを称賛!「トミの壁!」と評された競り合いシーンはこちら
【関連記事】
「サンプにもミウラがいる」イタリア初得点の吉田麻也を現地メディアが軒並み絶賛!「日本の跡を残した」
「どれだけ序列が落ちているか…」なぜ南野拓実は“冷遇”されるのか? リバプールを知り尽くす番記者が分析
「なんて美しいゴールだ」伊東純也が決めた“超絶ヒール弾”に賛辞続々!首位攻防戦で1G1Aの大暴れ
「勝利は俺のドラッグ」「ミラン優勝ならキャリア最高だ」と意気軒高【イブラ独占③】
「同世代では際立っている」マドリーの17歳・中井卓大が決めた“鮮烈ゴラッソ”が反響拡大!「久保とトップチームでプレーできる」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ