【千葉】クラブの新たなシンボルへ――井出遥也、覚醒の時を告げる2ゴール

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2015年04月12日

スコアレスで迎えた終盤に、大仕事をやってのける。

2ゴールと結果を残した井出。ゴール後には喜びを爆発させた。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

「やりましたー!」
 
 拡声器を手に井出が叫ぶと、一際大きな歓声がスタジアムを包んだ。
 
 大宮との一戦は、前半からチャンスを作るも決め切れず、嫌な空気が流れる展開だった。しかし77分、サポーター期待の男が試合を動かした。交代出場の田中が左サイドでボールを持つと、猛然とゴール前に飛び込んだのが井出だった。
 
「ちょっと入り過ぎたけど、イメージどおり触れた」
 
 田中のクロスに右足でわずかに触れると、軌道が変わったボールは大宮GK加藤の指先をすり抜けゴールへと突き刺さった。そして3分後、直前まで歓喜の輪の中心にいた背番号26は、再び大仕事をやってのける。ペチュニクの落としを受けると、「自分の形」と振り返ったドリブルで仕掛け、右足でゴール右隅へと華麗に流し込んだ。
 
 勝利をもたらす2ゴール。さらにこの日、前節まで首位の磐田が岡山と引き分けたため、再びチームを1位に浮上させる貴重な得点になった。
 
 ユースから昇格して4年目。昨季32試合・4ゴールと結果を残すと、今季はリーグ開幕戦でスタメンの座を掴み、決勝ゴールを奪うなど好スタートを切った。
 
 そしてこの日も、2列目の右で先発すると、守備では「ミーティングでの指示どおり」と、右SBの北爪と協力して大宮のドリブラー、泉澤の突破を食い止めた。また攻撃では、「自分がサイドに張ることで、真ん中のモリさん(森本)とネイツ(ペチュニク)を空けようと思った。そしてふたりに出た瞬間に、自分が中に入っていった」と、森本、ペチュニクとの絡みでチャンスを演出した。
【関連記事】
【千葉】勝負弱さを払拭し、”4度目の正直”なるか
【横浜FC】昨年12月10日に誰よりも早く始動――カズが“努力”で、J最年長得点記録を更新!
武藤への正式オファーの本気度は? 「チェルシーの思惑」を現地識者が読む
"武藤狂想曲"の幕開け――この喧騒を力に変えられるか
連載|熊崎敬【蹴球日本を考える】「ゴールを見失ったことがない」フォルランの別格 縦を突くサッカーはこうして成立する

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    2022年秋最大の衝撃!!
    ハーランド&
    レバンドフスキ
    完全攻略本
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ