• トップ
  • ニュース一覧
  • 「自分も追いつかなければ…」帝京長岡のMF川上航立が日々高め合う“双子の姉”の存在【選手権】

「自分も追いつかなければ…」帝京長岡のMF川上航立が日々高め合う“双子の姉”の存在【選手権】

カテゴリ:高校・ユース・その他

森田将義

2021年01月03日

「川上がいないとチームが成り立たない」

指揮官も頼りにする主将の川上が、帝京長岡を3年連続でベスト8進出に導いた。写真:徳原隆元

画像を見る

[高校選手権3回戦] 帝京長岡3-1神戸弘陵/1月3日(日)/フクダ電子アリーナ

 2試合連続で先制点を許しながらも、後半の連続ゴールで逆転勝ちを収め、3年連続でベスト8進出。MF谷内田哲平(現・京都)やFW晴山岬(現・町田)など、昨年の4強入りに貢献した黄金世代の多くが卒業した帝京長岡のなかで、気を吐き続けるのが主将のMF川上航立(3年)だ。

 与えられるポジションは昨年と同じボランチだが、役割は大きく違う。昨年は、谷内田やMF田中克幸(現・明治大)といった先輩たちの良さを引き出す黒子役に徹していたが、名実ともに今年は彼がチームの顔。「口だけじゃなく、背中でも引っ張っていきたい」と本人が話していた通り、自らが主役となるプレーが求められる。

 的確な組み立て能力だけでなく、得点にも顔を出せる選手であるため、本来ならトップ下が適正ポジションだが、守備陣を下級生のみで構成するチーム事情もあり、今年は守備により気を遣いながら、攻撃にも関与していくのが与えられたミッション。決して簡単な役割ではないが、攻守両面での貢献度は高く、古沢徹監督は「バランスよく出ていく所と出て行かない所、人を動かす所と背中で引っ張る所が彼しか出せない良さ。川上がいないとチームが成り立たない」と口にする。
 
 神戸弘陵と対戦したこの日の試合でも、彼の持ち味が随所に見られた。連戦の疲れが残り、動きが重かった前半は1点を追い掛ける展開を強いられたが、後半は「プレスをかけたり、前から行こうと思っていた」。今年のチームの特徴である素早い攻守の切り替えを率先して行なうだけでなく、チャンスと見れば積極的に前に出て攻撃への関与を繰り返した。後半14分には、右サイドのMF佐竹宏太(3年)とのワンツーで右中間を抜け出し、前線のFW葛岡孝大(3年)へとクサビのパス。自らがゴール前でボールをもらい直すと見せかけ、MF廣井蘭人(1年)に預けると、最後は反対サイドのMF上野一心(3年)がゴールネットを揺らした。

「毎日練習でやっている形」と振り返る華麗な崩しで逆転に成功すると、直後の後半26分には、川上が右CKを頭で合わせてダメ押しとなる3点目をマーク。神戸弘陵戦でのゴールは昨年に続き、2年連続。「ちょっと持っていると思います」と笑顔を見せた川上の貢献度は、この日も絶大だった。
 
【関連記事】
選手権、ベスト8出揃う! 前回準Vの青森山田、同4強の矢板中央が接戦を制す。気になる準々決勝の組み合わせは…
「何やってんだ…」4発逆転勝利で8強進出も青森山田の“闘将”藤原優大が「不本意」と嘆いた理由【選手権】
「選手権は難しい」リベンジを果たせなかった神村学園、“怪物1年生コンビ”は号泣…鮮烈なインパクトを残して大会を去る
【ルヴァンカップ決勝|前日練習】FC東京は3人、柏はひとりの主力が不在。両指揮官が明かした各選手の状態は…
「退団を強要したことはないのに…」移籍志願の久保建英に対する本音をエメリ監督が明かす! 番記者が指摘するヘタフェ加入の“障壁”は?【現地発】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ