「驚愕の瞬間だ」イニエスタの負傷シーンに母国メディアが衝撃。満身創痍でPKを蹴る姿に…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2020年12月18日

バルセロナ市内の病院で手術を受ける

7日の上海上港戦で負傷したイニエスタ。3日後の試合で強行出場したが…。(C)Getty Images

画像を見る

 ヴィッセル神戸は12月16日、右大腿直筋近位部腱断裂の怪我を負ったアンドレス・イニエスタが、バルセロナ市内の病院で手術を受け、無事に成功したと発表した。

 元スペイン代表MFは、7日に行なわれたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の決勝トーナメント1回戦・上海上港戦で右足を痛め、68分に途中交代を余儀なくされた。

 その3日後に行なわれた準々決勝の水原三星戦では、先発を外れたものの、延長後半の113分から途中出場。PK戦で一人目のキッカーとして見事に成功させたが、その際に右足の太腿を抑えて痛みに耐える素振りを見せ、準決勝ではベンチ外となっていた。

【動画】母国メディアも驚き!満身創痍のイニエスタが蹴った渾身のPKと負傷シーン
 このシーンを動画付きで改めて取り上げたのが、スペインの全国紙『AS』の電子版だ。「イニエスタが4か月間の怪我を負った驚愕の、そして予期せぬ瞬間だ。ラ・マンチャ地方出身の選手は、延長戦から出場してPK戦に参加したのだ」と驚きをもって伝えている。

 故障を抱えながら、満身創痍の状態でPKのキッカーを務め、渾身のシュートを決めてみせたイニエスタの姿に、母国メディアも衝撃を受けたようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ