「神戸はJリーグで中位以下なのに…」中国勢のACL全滅に衝撃! 母国メディアはまさかの指摘「日本や韓国のリーグは“緩い”」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月12日

「過去には想像もできなかったことだ」と嘆く

神戸と同組だった広州恒大はまさかのグループステージ敗退に追い込まれた。(C) Getty Images

画像を見る

 12月10日に開催されたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の準々決勝で、中国の北京国安は韓国の蔚山現代と対戦。ジュニオール・ネグランの2発に沈み、0-2で敗れた。

 これで中国勢は、ベスト4に1チームも残れず全滅。それぞれヴィッセル神戸とFC東京と同組だった広州恒大と上海申花はグループステージで姿を消し、上海上港は決勝トーナメント1回戦で神戸に0-2で敗れている。

 日本と韓国のチームの後塵を拝したことに、中国のメディアもショックを隠せないようだ。スポーツメディア『新浪体育』は、「中国のチームはACLで勢いを失った」として、力が衰退していると指摘。「ACLを二度制覇した広州恒大は、グループステージでヴィッセル神戸と水原三星によって、大会から追い出された。これは過去には想像もできなかったことだ」と驚きをもって伝えている。

【動画】中国メディアも脱帽!鮮やかなタッチからのイニエスタの左足弾はこちら
 さらに、「神戸はJリーグで中位~下位にいるチームだ。だが、広州恒大の調子が悪く、パウリーニョなどの主力が不在で、チーム全体が『プレーの仕方がわからない』という悪循環に陥った」と、嘆いている。

 また、敗因のひとつとして、「中国のスーパーリーグの“BIG4”は息を呑む暇もなかった。3日間おきの試合のリズムでは、調整の余地はない。状態が良くないと、逃げ道がない」とし、こう続けている。

「対照的に、韓国勢はACLの前に少なくとも半月調整する必要があり、日本勢は比較的緩いJリーグのスケジュールのために、体力の点でスーパーリーグのチームよりも優れていた」

 Jリーグもかつてないほどの過密日程だったのだが……。

『新浪体育』は「短期的に中国のチームがACLで結果を残すのは難しいかもしれない」とまで結論づけた。まさかの結果に受けた衝撃は小さくなかったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「大型スポンサーはいなかったが…」古巣ヴィッセルと対戦する蔚山のキム・ドフン監督、“韓国の爆撃機”と呼ばれた神戸時代を回顧「一生忘れない」
「イニエスタが歴史を作った」神戸のACL快進撃にスペインメディアも注目!「彼の“見習い”の古橋が…」
イニエスタがアジアサッカーのレベルに言及「ひとつはっきりしていることは…」
「36歳でこれほどキレキレとは…」圧巻先制弾のイニエスタに敵国・中国も脱帽!「W杯決勝のゴールのようだ」
「歴史的だ!!!」イニエスタがACL4強に大興奮! 公開した歓喜の集合写真に「いい顔だ、アンドレス!」など反響続々

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ