「胸糞悪すぎる」「本気で抗議してほしい」神戸ファン憤慨!ACL蔚山戦、2度の不可解VAR判定に納得いかず

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月14日

「色々思うことはあったけどここまで夢を見してくれてありがとう」

65分に投入された佐々木大樹は幻のゴールを含め、相手の脅威となっていた。(C)VISSEL KOBE

画像を見る

[ACL準決勝]蔚山2-1神戸/12月13日(日)/アルジャノブスタジアム

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の準決勝が12月13日、カタール・ドーハで行なわれ、ヴィッセル神戸は蔚山現代に1-2で敗れた。

 山口蛍のボレーで52分に先制した神戸は、75分に交代出場の佐々木大樹が追加点を挙げたかに思われたが、VAR判定によってノーゴールに。さらに80分にはいったんはオフサイドと判定された相手側のゴールがVAR判定により認められ、神戸は同点に追いつかれてしまう。

 この2度の不可解なVAR判定には、試合を観戦していたファンもSNS上で以下のようなコメントを投稿し、不満を露わにしている。

「本気で抗議しにいってほしい」
「完全に審判にゲーム壊された」
「胸糞悪すぎる」
「あそこまで遡ってファウルとするのは、厳しすぎる!」
「決まったゴールまで取り消しされたら勝てるはずがありません」
「審判に試合を盗まれたことは、映像を見ていた人ならわかった」
「ほんまに納得いかん」
「不公平なジャッジにも負けず、最後まで走り続ける姿に感動しました!」
「抗議文は出して欲しいです」
「選手はようやった、審判は許さん」
「アレはVAR関与したらダメよね?→VAR対象のプレー『得点の有無(ラインを割っていたか否かのみではなく、それまでの一連のプレーも対象)』『ペナルティーキックの有無』『一発レッドカードに相当する行為かどうか』『間違った選手に対しての退場処分、警告処分であったかどうか』」
 
 Jリーグでは12位ながら、ACLでベスト4に進み、120分を戦い抜いたチームを称える以下のようなコメントも寄せられている。

「今年は天皇杯から始まって、今日までワクワクさせてくれてほんとうに最高でした」
「負けて悔しいのもあるけど、ここまで来れたのは誇りに思います」
「ダイヤは最後泣いていたけれど、彼を責めることなんてできない。何度もチームを救ってくれた」
「2試合連続の延長戦を、最後までフェアに戦った選手たちに最大級の称賛を贈ります」
「色々思うことはあったけどここまで夢を見してくれてありがとう」
「次はACLの参戦をリーグ戦で手に入れてまたここまで戻ってこようや」

 アジアでの貴重な経験を積んだ神戸の今後の活躍に期待が集まっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「蔚山のほうが強かった」先制弾の山口蛍、ACL準決勝敗退も…不可解なVAR判定に触れず「胸を張って帰りたい」
久保建英がリーガでは2度目のスタメンに抜擢!“お得意様”から今季初ゴールなるか
【セルジオ越後】どうした浦和レッズ、「3年計画」のビジョンはどこに? ベテランの扱い方次第では…
VARでゴール“消滅”も南野拓実に地元紙は賛辞! 日本のエースが見つけた「新しい役割」とは?
【バイタルエリアの仕事人】vol.1 遠藤保仁|稀代のゲームメーカーが“賢い”と唸る名手たち。なぜ彼らは輝けるのか?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ