「主役になりうる最高のタレント」現地紙が17歳・中井卓大をマドリーの逸材5人にピックアップ!「日本のデュオ“ピピ&タケ”が見られるかも…」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月13日

「フベニールBで創造性を示している」

現在はマドリーのフベニールBでプレーする中井。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 現地時間12月12日に開催されたラ・リーガ第13節の大一番、レアル・マドリーがアトレティコ・マドリーをホームに迎えてのマドリード・ダービーは、2-0で前者に軍配が上がった。

 この注目の一戦に先駆け、スペイン紙『AS』が「未来のダービー」と題して特集したのが、現在両チームの下部組織に在籍している俊英たちだ。「向こう10年のダービーで主役になりうる最高のタレント」として両軍5人ずつを取り上げている。

 マドリーのカスティージャ(Bチーム)に在籍する“超逸材”セルヒオ・アリバスらとともに堂々リストアップされたのが、レアル・マドリーのフベニールB(U-18相当)に所属する“ピピ”こと中井卓大だ。

 同じくマドリーが保有し、ビジャレアルにレンタル中の久保建英を引き合いに出し、17歳のMFについて、次のように紹介している。

【写真】「美男美女」と話題!中井卓大が投稿した姉・ほのかさんとの2ショット
「タケ・クボはバルデベバス(マドリーの練習場)に足を踏み入れた最初の日本人ではない。タクヒロ・ナカイ、別名ピピは10歳の時からプレーしている。(トップチームのジネティーヌ・)ジダン監督は、すでに彼をファーストチームのトレーニングに参加させており、現在はフベニールBで創造性を示している」

 そして、フベニールBより2つカテゴリーが上のカスティージャを指揮するラウール(・ゴンサレス)監督も練習でテストしていること、英紙『The Guardian』が2003年生まれの60人のタレントに留守とアップしたことなどに触れ、「次の10年のダービーので、日本のデュオ『ピピ&タケ』が登場するかもしれない」と綴っている。

 ここまでは順調にステップアップしているピピ。現地でも注目を集める存在となっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】マルセロが驚愕の表情!11歳の中井卓大が披露した超絶テクニックはこちら
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月3日発売
    EURO2020
    出場24か国
    コンプリートガイド
    選手名鑑&徹底チーム解説
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ