“北”から軽視され続けた都市ナポリを再興に導いたマラドーナ。英雄を失った街はいま――【現地ルポ】

カテゴリ:ワールド

アレックス・チスミッチ

2020年12月10日

ユベントス、ミラン、インテルと一歩も引かずに戦った

マラドーナの死後、本拠地サン・パオロには多くのファンが集まり、冥福を祈った。(C) Getty Images

画像を見る

 ディエゴ・アルマンド・マラドーナはもはやこの世にいない。そしてブエノスアイレスと同じようにナポリでもまた、人々はそれをうまく受け入れることができずにいる。

 11月25日の夕方に訃報が流れると、ナポリは深い痛みのベールに覆われた。町のあちこちで追悼のロウソクが灯され、コロナウイルス禍によるロックダウン中であるにもかかわらず、スタディオ・サン・パオロをはじめとするゆかりの地には人々が続々と集まった。人々の心にはぽっかりと穴が空いたかのようだった。

 それは旧市街の中心にあるサン・グレゴリオ・アルメーノ通りでも同じだった。プレセピオ(クリスマスに飾られる伝統的なジオラマ)用の人形などで有名な市場が並び、普段は賑やかな喧騒に満たされているこの通りも、この日ばかりはしーんと静まり返り、チップ目当てのストリートミュージシャンが奏でるギターの音がやけに哀しく響いていた。

「すべての芸術家がそうであるようにマラドーナは私たちの人生に影響を及ぼしました。ナポレターニ(ナポリの人々)に新しい生き方を示し、大きな希望を与えたんです」

 そう語るのはマラドーナ研究家であり、この英雄とナポリとの関係を語り掘り下げたドキュメンタリー映画『マラドナポリ』の演出家でもあるイバン・シーカ。すべての始まりは1984年7月5日、満員のスタディオ・サン・パオロで行われたマラドーナの入団発表だった。

【動画】ウォームアップからして凄い!マラドーナの超絶すぎるテクニックはこちら
 ナポリはその4年前に起こった大地震の痛手から立ち直っておらず、ナポレターニたちは未来を悲観するしかなかった。地下通路からピッチに駆け上がり、何度かリフティングしたボールを大きく蹴り上げるマラドーナの姿に人々は熱狂し、すべての夢を託してすがった。こうしてまたたく間にナポリのシンボルとなったマラドーナはそれから7年間、信じられない魔術、あり得ないゴール、たくさんの勝利とタイトル、そして強者や権威を敵に回すことも辞さない強い姿勢を通して、ナポレターニを励まし鼓舞し続けた。

 ナポリを見下し差別する北イタリアの人々、ユベントス、ミラン、インテルというカルチョ界のエスタブリッシュメントと一歩も引かずに戦い、そしてしばしばやり込めたのだ。
 
【関連記事】
「信じられない」マラドーナが最期を迎えた部屋が“粗末すぎる”と怒りの声!看護師は「“自宅”なら生き続けていた」
「ナポリはイタリアではなかった」フランス誌編集長が回顧。マラドーナが90年W杯で引き起こした“異常な光景”【現地発】
「選手全員の前で謝罪を…」マラドーナの知られざるセビージャ時代の“秘話”をスペイン人記者が明かす【現地発】
「ハンド・オブ・ゴッドは事件だが――」BBCチーフ記者が語るマラドーナの“神の手”に対する真の英国評【現地発】
「神を冒涜した!」マラドーナの遺体との2ショットをSNSで晒した葬儀社スタッフが“大炎上”「許される行為ではない」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ