「神を冒涜した!」マラドーナの遺体との2ショットをSNSで晒した葬儀社スタッフが“大炎上”「許される行為ではない」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月28日

泣き崩れる人々もいるなかで…

多くの人々が葬儀に参列したマラドーナの告別式で小さくない事件が起きた。 (C) Getty Images

画像を見る

 英雄の死を侮辱する行為が物議を醸している。

 周知の通り、現地時間11月25日に、元アルゼンチン代表の英雄ディエゴ・マラドーナが心臓発作で帰らぬ人となった。

 危篤状態となり、1時間近い治療の末に急逝した世紀のスーパースターの悲報は大きな衝撃を与え、世界は哀しみに包まれた。アルベルト・フェルナンデス大統領が3日間も喪に服すことを発表した母国アルゼンチンでは、26日に告別式が行なわれ、数十万人ものファンが別れを惜しみ、現実を受け止めきれない人は泣き崩れて、警備隊と衝突する事態も起きていた。

 そうしたなかで、問題となっているのは、マラドーナの葬儀を請け負った会社のある従業員の振る舞いである。なんと大統領府に向かう直前に、遺体が収められた棺を開け、額に右手を置き、左手でサムズアップポーズをする自身の写真をSNSにアップしたのだ。

 当然、この投稿は大炎上。ほどなくして削除されたものの、一部のユーザーからは「彼は神を冒涜した」として殺害予告が送られる事態にまでなった。
 
 メディアからも非難の声が相次いだ。アルゼンチン紙『Ole』は、「許されるべき行動ではない」と糾弾。さらに英紙『Metro』は、「葬儀屋の社員がニヤリと笑って写真を撮って大問題になる」と報道した。

 家族で営んでいたという葬儀屋の社長は従業員の愚行を深く謝罪している。アルゼンチン・メディア『TN』の取材に応じた際に、「問題の男は家族ではない」と涙ながらに釈明し、当該社員の解雇を発表した。

「写真を撮っていた男は家族なんかじゃない。彼は棺桶を運ぶためだけに呼んだスタッフだ。運ぶのが難しいタイムの棺桶を選んだために呼んだだけだった。作業中に携帯は没収していたが、返却した後すぐに写真を撮られたんだ。父も、私も、兄弟も、全員がこの事態に愕然とし、涙している。やり切れない想いが強い。申し訳ない」

 国の英雄を見送る大仕事を任され、気が大きくなったのか。いずれにしても、故人を侮辱する行為は許されるものではない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ