“怪物”ハーランドの市場価値が1か月で驚異の44億円上昇!11月の「伸び率ランキング」は?

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年12月01日

ネイマールのレコードも視野に

目下、飛ぶ鳥を落とす勢いの(左から)ジョッタ、ハーランド、B・フェルナンデス。(C) Getty Images

画像を見る

 2020-21シーズンも、ドルトムントに所属するアーリング・ハーランドの勢いは止まらない。

 公式戦14試合に出場し、10試合でネットを揺らしたハーランドは、17得点とゴールを量産している。当然、夏に20歳になったばかりのノルウェー代表ストライカーの市場価値は右肩上がりだ。

 11月30日、FIFAの教育研究機関でもあり、スイスを拠点とするサッカー関連調査機関の『CIESフットボール・オブザーバトリー』は、先月最も市場価値を上げた選手がハーランドだと伝えた。

 CIES独自の算定方法による市場価値で、10月末時点のハーランドは1億2030万ユーロ(約150億4000万円)だったが、11月末で1億5560万ユーロ(約194億5000万円)と3530万ユーロ(44億1000万円)上がっている。

 CIESは「ハーランドがこれだけ得点を量産し続け、素晴らしいレベルでパフォーマンスを続ければ、パンデミックが終わってから、ネイマールが持つ2億2200万ユーロ(約277億5000万円)の記録も更新するかもしれない」と伝えた。
 
 なお、市場価値8000万ユーロ(約100億円)を超えている選手たちの11月の上げ幅ランキングは、以下のとおりだ。

1位 アーリング・ハーランド(ドルトムント)
3530万ユーロ/約44億1000万円
2位 ブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド)
1990万ユーロ/約24億9000万円
3位 ディオゴ・ジョッタ(リバプール)
1650万ユーロ/約20億6000万円
4位 フィル・フォデン(マンチェスター・シティ)
1500万ユーロ/約18億8000万円
5位 ルベン・ディアス(マンチェスター・シティ)
1480万ユーロ/約18億5000万円

 一方、市場価値4000万ユーロ(約50億円)~8000万ユーロの選手では、ハーランドのチームメートであるジョバンニ・レイナがトップだった。

1位 ジョバンニ・レイナ(ドルトムント)
3440万ユーロ/約43億円
2位 ペドリ(バルセロナ)
1600万ユーロ/約20億円
3位 ジュード・ベリンガム(ドルトムント)
1420万ユーロ/約17億8000万円
4位 ドミニク・キャルバート=ルーウィン(エバートン)
1390万ユーロ/約17億4000万円
5位 ペドロ・ネト(ウォルバーハンプトン)
1360万ユーロ/約17億円

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ