南野拓実らとの競争から抜け出たジョッタが止まらない! 元プレミア戦士も「良くなるだけじゃないか」と大絶賛

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月25日

「ウルブス時代から恐ろしい存在だった」

リバプールで飛躍を続けているジョッタに対する賛辞が止まらない。 (C) Getty Images

画像を見る

 レッズの新戦力へ溢れんばかりの賛辞が送られている。今夏にウォルバーハンプトンから移籍したディオゴ・ジョッタだ。

 ボーナス込みの移籍金4500万ポンド(約63億円)の実力は半端ない。リバプールのユルゲン・クロップ監督が「チームを成長させる」と獲得を熱望したジョッタは、9月24日のリンカーン・シティ戦(リーグカップ3回戦)でデビューを飾って以来、公式戦12試合で8ゴールと驚きの結果を残している。

 とりわけチームに馴染み始めたここ1か月は圧巻で、公式戦6試合で7ゴールとチームダントツの成績をマーク。ホームでのリーグデビュー戦から4試合連続ゴールを決めたクラブ史上初の選手となるなど、今まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで声価を高めているのだ。

 そんなポルトガル代表FWへの賛辞は同僚たちからも送られている。昨シーズンまでプレミアリーグに属していたワトフォードのイングランド人FWトロイ・ディーニーは、英スポーツ専門ラジオ局『talkSPORT』の番組「talkSPORT Breakfast」で、「彼との対戦はいつも気掛かりだった」と、ジョッタの凄みを語っている。

「ウルブスにいた時から彼は恐ろしい存在だった。あのチームは誰もがトラオレを恐れているが、僕たちが対戦する時にはいつもジョッタのことをケアしていたよ。素早いうえに、落ち着いていて技術もある。それでいて、得点もできるからね」
 

 キャリア通算で160ゴールを叩き出している点取り屋でもあるディーニーは、「彼はとてつもない得点能力を持った逸材だよ」と褒めちぎる。

「彼の仕事効率の良さは、リバプールのスタイルに本当にマッチしていると思う。あのチームの3トップは誰もが一生懸命に働くし、一切さぼらない。ジョッタもそこに追随する能力がある。

 それにまだ23歳でしょ? もうさらに良くなるだけじゃないか。レベルは今も上がっているし、成長し続けると思うね。それにリバプールは今後何年も勝ち続けるチームだから、ジョッタは勝つことに慣れたプレーヤーたちと一緒にいることで、伸び続けると思う」

 開幕当初は控え組だったジョッタ。今や南野拓実やジョルダン・シャキリ、ディボック・オリギといったバックアッパーたちとの争いから大きく前に出て、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノ、モハメド・サラーとのレギュラー争いを演じている。いったいどこまで伸び続けるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ