「あんたとは終わりだ!」横浜戦で交代指示にブチギレたフッキの“造反”に中国で非難殺到!「日本ですら…」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月01日

3日間も練習やミーティングをボイコット

横浜戦では相変わらずのパワフルさで存在感を示したフッキ。だが、チームの和を乱したことで非難の声が上がっている。 (C) Getty Images

画像を見る

 かつてJリーグでも異彩を放ったストライカーの動向が注目を集めている。元ブラジル代表FWのフッキだ。

 現在34歳のフッキは、2005年2月から約3年間に渡って、川崎フロンターレ、コンサドーレ札幌、東京ヴェルディでプレー。その後にポルトへと移籍し、セレソンにも名を刻んだ名手だ。16年6月から上海上港に在籍していたが、契約満了となる今月31日に退団する意向を示していた。

 そうした状況でフッキが見せたある振る舞いが物議を醸している。現地時間11月25日にカタールで開催されたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)・グループステージ第6節の横浜F・マリノス戦で、ヴィトール・ペレイラ監督に悪態をついたシーンである。

 68分にリカルド・ロペスとの交代を命じられたフッキはこれに激高。ピッチサイドで握手を求めたポルトガル人監督に「あんたとはこれで終わりだ!」と言い放って、そのままロッカールームへと下がっていったのだ。

 これがキッカケとなり、フッキとチームの間には大きな亀裂が生じているようだ。中国メディア『Titan』によれば、怒りの収まらない元セレソン戦士は3日間にわたって練習とミーティングへの参加をボイコット。夕食時にしかチームメイトと顔を合わさない「非常に危険な状態にあった」という。
 

 同メディアは、11月30日に行なわれた練習でフッキがようやく合流したと報道。ペレイラ監督との確執も「解けている」としながら、「フッキの招いた狂気がチームに悪影響を及ぼした」と伝えている。

「フッキとの騒動の後に大きな批判にさらされたクラブは横浜に2-1と勝利した。だが、彼らは再び問題に直面している。16強に進出するためにあと一歩のところにいるが、和を乱しかねないフッキを再びプレーさせる責任を負い、そのリスクを犯すのか。ペレイラは決断を下さなければならない」

 また、『Titan』によれば、中国版ツイッターとして知られる『微博(ウェイボー)』では、「フッキを再びプレーさせることに反対する声が渦巻いている」とし、コメントの一部を紹介している。

「どんな偉業を成し遂げようとも、クラブ以上の存在はない」
「悪質なリーダー」
「いつしかフッキは傲慢になってしまった」
「厳しく罰するべき。中国で稼ぎ過ぎておかしくなった」
「彼は権威を持ち過ぎた。監督を脅すのも楽なこと」
「鍛えすぎた年寄りだ」
「このワガママなベテランを誰が欲しいの?」
「もう日本に行くことすらできない」

 今年いっぱいでの退団を発表した際には、自身のSNSで「中国サッカー界に対し、誇りや愛情、感謝、リスペクトの気持ちを表わしたい」と綴っていたフッキだが、ファンに愛想をつかされての喧嘩別れは避けられなさそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「俺の妻という地位が欲しいだけ」衝撃再婚のフッキ、元嫁からの批判に怒りの猛反論!「もう我慢できない…」
「衰えは隠せない」「日本へ行けば?」退団発言のフッキに中国のファンから非難殺到!「チームを壊そうと…」
「フッキは馬鹿げていた…」元ポルトガル代表MFが日本からやってきた“怪物”を回想「サッカーを分かってなかった」
「想像した文化とは違った」元コロンビア代表FWが短命だった中国時代を回想!「お金稼ぐために行ったけど…」
「深く反省するだろう」上海申花MFの危険タックルが物議! 中国メディアは「悔い改める時だ」と糾弾

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ