「最高の動きだ」乾貴士を古巣ベティスのファンが揶揄!痛恨の“失策”で同僚のゴールをフイに…

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月01日

触っていなくてもゴールとなっていただけに…

古巣ベティス戦で先発した乾。ゴールは幻に…。(C) Getty Images

画像を見る

 現地時間11月30日に開催されたラ・リーガ第11節で、乾貴士と武藤嘉紀の所属するエイバルが、ベティスと敵地で対戦。49分に挙げた武藤の移籍後初ゴールなどで、2-0の快勝を飾った。

 この古巣との一戦で乾は2試合ぶりの先発でフル出場。味方の失敗でゴールには繋がらなかったものの、試合終了間際にPKを獲得するなど、存在感を示した。

 試合後に話題となったのが、34分のシーンだ。右サイドからパパクリ・ディオプが上げたクロスに対し、ゴール正面に走り込んだ日本代表MFは、足を伸ばすが届かず。ファーサイドにいたブライアン・ヒルがヘッドで合わせ、これがGKの手を弾いて、ゴールラインを割りそうになる。

 これを乾が詰めて、今シーズン初ゴールを決めたかに思われたが、VER検証の末に、B・ヒルが触った時点で乾がオフサイドだったと判定され、得点は認められなかった。

 触っていなくてもゴールとなっていただけに、乾にとっては痛恨のプレー。古巣ベティスにとっては、ラッキーなシーンとなった。

【画像】批判を浴びた乾のオフサイドシーンはこちら
 
 スペイン全国紙『AS』によれば、このサムライ戦士がベティスでプレーした2018-19シーズンの半年間、リーガでは8試合・0ゴールと結果を残せなかったことを引き合いに、敵のファンのSNS投稿には「ベティスと契約して以来、イヌイの最高の動き」と皮肉るものもあったという。

 恩返し弾とはいかなかったが、ゴールには近づいている乾。次節で名誉挽回といきたいところだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ