「エイバルにはいなかったタイプだ」リーガ初ゴールの武藤嘉紀を現地メディアが絶賛!「洗練されたクオリティーをみせた」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月01日

「ヘタフェ戦でも目覚ましいパフォーマンス」

ついにリーガ初ゴールを奪った武藤(奥)。(C) Getty Images

画像を見る

 現地時間11月30日に開催されたラ・リーガ第11節で、武藤嘉紀と乾貴士が所属するエイバルが、乾の古巣でもあるベティスと敵地で対戦。2-0の完封勝ちを飾っている。

 快勝の立役者となったのが、1トップで2試合連続のスタメンを飾った武藤だ。スコアレスで迎えた49分、ブライアン・ヒルのCKをエスタバン・ブルゴスが頭でコースを変えたところを見事に反応。左足で合わせ、ゴールにねじ込んでみせた。

 出場8試合目にして待望のリーガ初ゴールを決めた日本代表FWを、現地メディアも称賛。スペイン全国紙の『MARCA』は、星2つ(星3つが最高)の評価を与え、「ムトウは9日前のヘタフェ戦でも目覚ましいパフォーマンスを見せたが、彼の良いプレーを確かなものにするためのゴールが必要だった」として、こう続けている。

【動画】見事な得点嗅覚!武藤が決めた待望のラ・リーガ初ゴールはこちら
「彼が(ホセ・ルイス・)メンディリバル監督のチームに加わることは困難だったが、少しずつ快適にプレーしている。これまでこの指揮官が抱えていたFWとはタイプが異なり、スペースでダメージを与える能力と洗練されたテクニックのクオリティーを備えている」

 なかなか、結果が出なくても我慢して使い続けてくれた指揮官の期待に応え、見事に初ゴールを奪った武藤。今後の活躍から目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「正直、ホンダにはがっかりした」本田圭佑の“退団示唆投稿”にブラジル人記者が苦言「沈みかかった船から船長が逃げ出すのか」【現地発】
エメリ監督はなぜ久保建英ではなく左SBをスタメン起用したのか? レギュラー不在でも先発落ちの厳しい現状が浮き彫りに…
「馬鹿げたルールだ」「非常に冷淡」メッシの“マラドーナ追悼パフォ”による罰金を母国紙が猛批判!
「あんたとは終わりだ!」横浜戦で交代指示にブチギレたフッキの“造反”に中国で非難殺到!「日本ですら…」
「絶対ファールやん」武藤嘉紀、バジャドリー戦の判定に“異議アリ”? 同僚・乾貴士も同調

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ