「正直、ホンダにはがっかりした」本田圭佑の“退団示唆投稿”にブラジル人記者が苦言「沈みかかった船から船長が逃げ出すのか」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

リカルド・セティオン

2020年12月01日

ボタフォゴは歴史的な苦境にある

本田のツイッター投稿がブラジルで物議を醸している。 (C) Getty Images

画像を見る

 私が日本の雑誌や新聞に記事を書くようになってから20年以上が経つ。その間何度も日本に行ったし、そのサッカーの著しい成長を目の当たりにもしてきた。だから本田圭佑がボタフォゴに来ると知った時、私はとても嬉しかった。ついに日本の選手がブラジルのトップチームでプレーする日が来たと――。

 しかし11月28日、本田のツイッター投稿に、正直がっかりしてしまった。

「数日中に納得できるような説明をしてくれなければ、僕はチームを去ることも視野に入れるだろう」

 ボタフォゴはいま、その長い歴史の中でも最も危機的状況にある。順位は下から2番目、勝ち試合の数は3と20チーム中最も少なく(最下位のゴイアスと同数だが、ゴイアスは1試合少ない)、監督は次々と変わり、結果を出せないチームにサポーターは激怒している。

 財政的にも苦しく、選手への支払いも遅れている。まさに沈みかかった船である。そしてキャプテンでもあり、チームで最も経験豊かな本田はこの船の船長だ。その船長が真っ先に船を見捨てようとするのか?

 たしかに現在のボタフォゴの運営は最悪だ。本田の言っていることはいちいちもっともだ。誰もその内容には反論しない。問題はそれをこう言う形で吐露してしまったことだ。わざわざSNSで発信する必要があったのだろうか。

 いろいろ不満もあろうが、それをぶちまけてみても、チームはより混乱するばかりである。彼を手本にしてきた若手選手たちはどう思うか。ここはぐっと我慢し仲間を鼓舞するような言葉を投げかけるのが真のキャプテンというものではないだろうか。

「セリエAに残るためこの後のすべての試合に勝とう」
「決してあきらめず最後の最後まで戦おう」

 皆が期待していたのはそんな言葉だったはずだ。

【動画】ファン熱狂! 本田圭佑がブラジル全国選手権で決めた鮮やかなゴラッソはこちら
 この1月、ボタフォゴのサポーターは本田を英雄として迎えた。しかしそれから9か月経つが、本田はまだピッチでは何もしていない。キャプテンとして低迷するチームを救うような活躍を見せたわけではない。にもかかわらず、「チームは自分を納得させるべき」というのは、あまりに自分本位ではないだろうか。

 どんなスター選手だってそんなことは言わない。ズラタン・イブラヒモビッチなら言うかもしれないが、彼はそれだけのことはピッチでやって見せている。

 何か問題があったら、さっさと逃げ出しなさい。日本の英雄が、子供たちにそう教えるのか?

「日本人というのは、なにか問題があってもぐっと我慢し、外に苦しい顔を見せず、黙々と解決に向け頑張る国民なのかと思っていたよ」

 私のある友人はがっかりしたように話していた。そう感じたのは彼一人だけではないだろう。日本好きの私はそれが残念でたまらない。本田は自分がブラジルでの日本の“顔”であることも忘れないでほしい。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ