「自分にはサッカー以上の存在、残念だ…」イブラヒモビッチがマラドーナへの想いを告白「10番の象徴だった」

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年11月28日

「すべての選手にとってのシンボル」

自らを神と呼ぶイブラヒモビッチ(右)にとっても、マラドーナ(左)の存在は特別だったようだ。(C)Getty Images

画像を見る

 自らを神と称する男にとっても、ディエゴ・マラドーナは絶対的に偉大な存在だった。

 ミランのズラタン・イブラヒモビッチが、イタリア衛星放送『Sky Sport』での元同僚マッシモ・アンブロジーニのインタビューで、11月25日に死去したディエゴ・マラドーナに言及した。

 インタビューの放送は12月4日だが、Sky Sportは11月27日にその一部を明かした。その中で、イブラヒモビッチは「背番号10と言えば何を思う? マラドーナだ。彼は10番の象徴さ。マラドーナのために人々が10番のユニホームを着たがるんだよ」と話している。

「とても残念だよ。マラドーナは自分にとってサッカー以上だからだ。彼はレジェンドであり、多くの人が崇拝していた。自分は幸いにも彼と直接知り合うことができたよ。すべての選手にとってのシンボルだと思う」

【動画】まさに圧巻!マラドーナの超絶プレー集はこちら!
 選手としてのマラドーナに疑問を抱く者はいないだろう。一方で、ピッチの外では様々な言動が物議を醸した。だが、イブラヒモビッチは「彼がつねに正しい選択をしていたかは分からないが、すべて心からやっていた。だから世界中で愛されたんだ。彼はいつも同じだった」と強調している。

「今のモダンサッカーは、決して間違わないで完璧であろうとするアスリートたちの多くで成り立っている。だが、学んで成長するには間違わなければいけない。もちろん、わざと間違えようとするものではない。でも、だれだって生まれつき完璧なわけじゃないんだ」

「自分が見るに、マラドーナはすべてをハートでやっていた。だから彼はずっとナンバーワンなんだ。俺は、ピッチでやったことで彼を評価する。ピッチ外のことは、彼だけに関する話。だれだって好きなように生きる。ピッチでやったことで彼を覚えていかなければ。だからこそ、永遠に忘れられない」

 訃報を知った際も、イブラヒモビッチはSNSで「マラドーナは不滅」と投稿した。彼の、そして世界のサッカーファンの心の中で、マラドーナは生き続ける。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ