【コラム】「マラドーナ、冗談じゃない!」数多の称賛とブーイングを浴びた本当のヒーロー

カテゴリ:連載・コラム

加部 究

2020年11月27日

ナポリでは3割がアルゼンチンを応援。ローマでは耳をつんざくブーイング

メキシコで英雄となったマラドーナ。その生涯は波乱万丈と言っていいものだった。(C) Getty Images

画像を見る

 1990年イタリア・ワールドカップでは、取材拠点をローマにした。テルミニ駅近くのホテルに部屋を押さえ、そこに大きな荷物を置き電車や飛行機で移動を繰り返した。優に1ヶ月間を超える滞在なので、朝食時などで連日顔を合わせるメイドのおばちゃんとは、だいぶ仲良くなった。おばちゃんがサッカー好きなのはわかっていた。だから帰国する時に「世話になったお礼に」と、日本から持参した写真掲載の多い大会展望の本を手渡そうとした。

 いつも笑みを絶やさない人懐っこいおばちゃんだった。ところが本の表紙を目にした瞬間に態度が豹変した。

「マラドーナ、冗談じゃない!」

 途端に踵を返すと、暫くは厄払いのように大声で愚痴のような言葉を連ねるのだった。

 当時セリエAは黄金時代の入り口に差し掛かっていた。欧州には3大カップがあり、チャンピオンズカップはミランが連覇中。カップ・ウィナーズカップはサンプドリアが制し、UEFAカップは決勝でユヴェントスがフィオレンティーナを下してイタリア勢が独占している。カルチョの国は空前の盛り上がりを見せ、自国開催のワールドカップでも優勝の気運が最高潮だった。

 だがそんなイタリア国民を悲嘆のどん底に突き落としたのが、ディエゴ・マラドーナだった。大きな期待を背負うイタリアは、ナポリで準決勝のアルゼンチン戦を迎え、PK戦の末に散る。イタリア代表のジュゼッペ・ベルゴミ主将が口にしたように、ナポリのスタジオ・サンパウロでは3割近くがアルゼンチンの応援に回った。ナポリのサポーターは言った。

「もちろんイタリアには勝って欲しいさ。でもマラドーナは特別なんだ。他のなにものにも代えられない」

 マラドーナがやって来てナポリは一変した。セリエAでは圧倒的な北部優勢が続き、南部のナポリは中位を彷徨っていた。しかしマラドーナを獲得すると、並外れたスーパープレーでチームを牽引し2度のスクデットをもたらす。要するにナポリでは、アズーリと呼ばれるイタリア代表以上にマラドーナを愛する人たちが大量に生まれた。逆にナポリ以外でマラドーナはイタリアを下した最大の憎まれ役だから、ローマでの決勝戦後の表彰では耳をつんざくブーイングを浴びることになった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ