【J1ベストイレブン】MVPは文句なしで家長昭博。先発全員が及第点以上の川崎に割って入った選手は?|29節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月27日

川崎からは最多の5名を選出

【29節のベストイレブン】

画像を見る

 J1リーグは、11月25日に第29節の6試合が行なわれた。ここでは、その中からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介していく。

 今節でJ史上最速の優勝を決めた川崎フロンターレ。リーグで2位につけるG大阪との大一番で家長昭博の勝負強さが光った。

 家長は、1点リードで迎えた前半終了間際に「練習から狙っていた形」という、セットプレーからのクロスボールで、ニアサイドで味方がそらしたボールをファーサイドに詰めて得点。さらに49分、73分にゴールを重ねハットトリックを達成した。負傷している左足に痛み止めを打ちながらも決定的な仕事をした家長は『8.5』の高採点で、今節のMVPとした。

 5-0と完勝した川崎は先発選手全員が及第点以上の評価。そこからさらに4選手をピックアップした。

 登里享平は見事なクロスでレアンドロ・ダミアンの先制弾をアシストし、追加点の起点となり、クリーンシートにも大きく寄与した。大島僚太は、自身を経由し、ほぼ全ての攻撃を演出したと言っても過言ではない活躍で司令塔として、チームを大量5得点に導いた。山根視来は同サイドの家長を助け、攻守にアップダウンを繰り返しチームを下支え。三笘薫は、家長が「最後詰めるだけで良かった」と語る2本のアシストを記録し、ドリブルでも違いを見せた。
 
 上位進出を目指す4位・鹿島アントラーズを撃破した柏レイソルからは採点『7』のふたりを選出。クリスティアーノは、チーム戦術を見事に体現し、カウンターからダメ押しとなるチーム3点目を記録した。オルンガは細かい繊細なボールタッチで相手DFを手玉にとると、左足で強烈なシュートを突き刺し決勝点をマーク。26試合出場で25ゴールという驚異的な決定力を見せた。

 そのほか、大分トリニータを1-0で下したセレッソ大阪からは、10分の清武弘嗣が挙げた虎の子の1点を守り切った守護神のキム・ジンヒョンと、DFマテイ・ヨニッチをセレクト。横浜FC戦で前半だけで3点を奪い勝利した清水エスパルスからは、エアバトルでは磐石の強さ、カバーリングも冴えた立田悠悟と、広く中盤をカバーし、ダメ押し弾も決めた竹内涼を選んだ。

【PHOTO】J1第29節“ベストイレブン”に選出された11人を厳選ショットで紹介!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ