「日本は圧倒的に優勢だった」メキシコ・メディアは森保ジャパンとの年内最終戦をどう見た?「2度の決定機があったが…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月18日

守護神オチョアの前に…

ロサーノ(22番)のゴールで突き放された日本は、年内最後の一戦で課題を残すことになった。 (C) Getty Images

画像を見る

 濃霧の中での激闘で、サムライブルーが屈した。

 現地時間11月17日に開催された国際親善試合でメキシコ代表と対戦した日本代表は、0-2と敗戦。年内最後の一戦を勝利で飾ることはできなかった。

 前半を優勢に進め、幾度となく決定機を創出しながら相手守護神ギジェルモ・オチョアの牙城を突き破れなかった日本は、スコアレスで折り返した後半に攻勢を強めたメキシコの攻撃に屈する。63分にエースのラウール・ヒメネスに均衡を破られると、5分後にはカウンターからイルビング・ロサーノに追加点を奪われた。
 
 より霧が濃くなり、視界が悪くなっていくなかでも確実にボールを繋いでいったメキシコを前に、72分に久保建英、77分に浅野拓磨を投入するなど策を講じた森保ジャパンだったが、後半は決定機を生み出せずに敗れた。

 試合巧者ぶりを発揮したメキシコに地元メディアからも賛辞が集まっている。スペイン紙『Marca』のメキシコ版は、「我らが代表チームは日本からの勝利で2020年を締めくくる」とマッチサマリーを綴った。

「最終的な結果はともかく、前半は日本が圧倒的に優勢だった。アジアの雄はビルドアップから確実に繋いで、少なくとも2度の明らかな決定機を迎えたが、GKオチョアの堅守は破れなかった。後半はトリコロールが劣勢を覆し、堅実なボール運びで流れを取り戻した」

 同紙が綴る通り、前半に再三のビッグチャンスを創出しながら、相手守護神の堅牢を打ち崩せなかった日本。2020年最後のテストマッチは“決定力”という課題を残すことになった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ