【明神智和】「本当にシンプルなプレーですけど…」なぜ遠藤航の投入で日本は劇的に変化したのか? 元日本代表ボランチが明かす

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月16日

久保、三好という若い2人の特長も出しやすかった

明神氏はパナマ戦で一番印象に残った点に、遠藤の活躍を挙げた。写真:龍フェルケル

画像を見る

 パナマ戦で一番印象に残ったのは、個人になりますが、遠藤航選手の素晴らしさ、質の高さという部分でした。

 メンバーも新しい選手がそれなりに多く、3バックを採用したことでの各ポジションの立ち位置といいますか、連係が攻守において難しかったのかなと思います。

 前半は、スムーズにディフェンスラインからボールを繋いでいくというのが難しくて、長いボールが多かったり、ミスも多かったですし、上手くいかない部分が目立ちました。

 もちろん相手のプレッシャーが少し弱まったというのはあると思うのですが、ハーフタイムに遠藤選手が投入されると、ディフェンスラインから必ずボールをもらえる位置に顔を出すというポジション取りが光っていました。

 特にボールを受けない時も、動かなかったとしても、中央の部分にポジションをとることで、ディフェンスラインと前の選手のラインを繋ぐ、左右を繋ぐ、そんなちょうど中間のポジションに立つことが多くありました。さらに本当にシンプルなプレーですけど、受けてから次にパスを出すまでの無駄の無さが攻撃にもスムーズさを生んでいました。
 
 よく札幌のペトロヴィッチ監督とかもやっていましたけど、3バックでワイドが高い位置をとり、後ろ3枚、前5枚くらいの感じになると、それぞれのラインで分断されることがあります。その間を繋ぐところのポジション取りというのが遠藤選手は非常に良かったなと思います。

 その恩恵もあってか、前回のカメルーン戦と比べてワイドに張るというよりも中でプレーしていた2シャドーの久保建英選手、三好康児選手という若い2人が、特長も出しやすかったと思いますし、そこにできるだけ早くパスをつける、預けるということが上手くいっていた部分もありました。

 さらにパナマ戦終盤では、相手の背後にスペースが出来たときに、浅野拓磨選手のスピードであったり、鎌田大地選手のパスであったり途中から入る選手たちの活躍の場もありました。

 そのほかにもベンチに交代カードとして、特長のある選手たちがいるので、相手によって、その時のコンディションも含めて、いろいろと作戦が、アイディアが出せるようになってきていると思います。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ