【選手権予選】全47都道府県の最新結果を総まとめ! 千葉、福岡、埼玉、京都などで新たに9代表校が確定!

カテゴリ:高校・ユース・その他

高校サッカーダイジェスト編集部

2020年11月15日

赤い彗星が終了間際の劇的ゴラッソで堅牢を破る!

攻める東福岡、守る九国大付。手に汗握る福岡決勝は終了間際の一撃で決着がついた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 11月15日、第99回全国高校サッカー選手権の地区予選が各地で開催され、新たに9つの代表校が本大会へ名乗りを上げた。

[福岡決勝:東福岡 1-0 九州国際大付]
 東福岡と九国大付が雌雄を決した福岡決勝は、開始8分にいきなり後者がビッグチャンスを掴む。CKの流れから東福岡DFのファウルを誘ってPKをゲット。だが2年生の吉田が放ったキックはわずかにゴール左に逸れてしまい、絶好機をモノにできなかった。それでも九国大付は選手個々のハードワークで東福岡怒涛のオープン攻撃に対峙し、容易く好機を与えない。39分には敵CKから立て続けに大ピンチを迎えたが、ゴールライン上でのスーパークリアと身体を張ったシュートブロックで阻止。0-0の均衡を保ったまま、ハーフタイムを迎えた。

 後半に入ってさらに攻勢を強める東福岡。九国大付をほぼ自陣に押し込むほどバリエーション豊かな攻撃で圧倒したが、最後のパスとシュートに精度とパワーを欠いてしまう。そして迎えた後半40分、ついにゲームが動く。東福岡はFW遠藤がペナルティーアーク付近から右に持ち出し、鋭く右足を一閃! これが豪快にネットに揺らすゴラッソとなり、激闘にピリオドを打ったのだ。昨年決勝のリベンジを劇的に果たした“赤い彗星”が、2年ぶり21回目の本大会行きを掴んでいる。

[埼玉決勝:昌平 3-0武蔵越生]
 Jリーグ内定者4人を擁する昌平が、初の全国行きを狙う武蔵越生を3-0で下し、順当に選手権出場を決めた。序盤から完全にゲームを支配。前半は決定機を決め切れなかったものの、後半開始早々の2分、新潟内定の小見が右サイドから上げたクロスに平原がヘッドで合わせ、先制ゴールを奪う。その6分後には敵のペナルティーエリア内でパスを受けた鹿島内定の小川が、DF2人をかわしてネットを揺らし、リードを広げる。同11分にも小見のクロスのこぼれ球を平原がねじ込んで3点目を挙げたタレント軍団が、2年連続4回目の本大会行きを果たしている。

[茨城決勝:鹿島学園 2-1 明秀日立]
 鹿島学園と明秀日立が対峙した茨城決勝は、開始早々に激しく動く。前半8分、鹿島学園は荒木のロングスローがファーに流れたところを菊谷が押し込んで先制に成功。対する明秀日立は失点後にすぐさま3-4-2-1から4-4-2にシステムを変更すると、15分に同点弾をゲットする。ハイプレスをツボにはめ、パスを受けた堀江が意表を突く強烈なミドルシュートを叩き込んで、すぐさまスコアをタイに戻した。

 その後は、一進一退の攻防。互いに守備の強度をどんどん上げていき、後半に入っても敵にチャンスを与えない。試合は80分間で決着が付かず延長戦へ突入。ともにアグレシッブなスタンスを貫くなかで、勝ち越し点を奪ったのは鹿島学園だった。延長前半8分、右サイドの崩しからエゼトベチクがシュートのこぼれ球を拾い、ゴールにねじ込んだのだ。これが決勝点となり、鹿島学園が4年ぶり9回目の出場を決めている。

[広島決勝:広島皆実 3-0 如水館]
 連覇が懸かる広島皆実と初出場を狙う如水館。6年前と同じ顔合わせとなった広島の決勝は、その時と同じく前者に軍配が上がった。序盤はアグレッシブな如水館のサッカーに苦しんだ広島皆実だが、前半33分に右サイド隅田の送ったクロスが流れたところを、重田が左足で落ち着いて決めて先制する。後半8分にはCKから三宅がクロス。敵がクリアしたボールをみずから左足で捉え、追加点を奪った。後半37分にもCKからエースの閑田が打点の高いヘッドでダメを押した広島皆実が、3-0の快勝を収めて2年連続16回目の出場。広島工と並んでいた県内の戦後最多出場記録を更新した。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ