“流れの中から初得点”より注目されたメッシの「スルー」。批判を浴びる現状を象徴するシーンだった【現地発】

カテゴリ:連載・コラム

エル・パイス紙

2020年11月15日

これまでメッシが見せてきたレパートリーにはなかった

9節のベティス戦でようやくPK以外での今シーズン初得点を決めたメッシ。(C)Getty Images

画像を見る

 リオネル・メッシは何もしなくても、注目されるプレーヤーだ。11月7日のベティス戦で、元チームメイトのクラウディオ・ブラーボ相手に決めた“無ゴール”は、現在“10番”が直面している状況を象徴しているようでもあった。

 このアントワーヌ・グリエーズマンの得点をお膳立てしたプレーがここまで見事に決まったのは、メッシとジョルディ・アルバの強力コネクションが関わっていたからでもある。事実、メッシの対角線パスを起点に、ジョルディ・アルバがサイドをえぐってゴール前にクロスを送り、走り込んできたメッシが合わせるという2人よるシンクロされたプレーからバルサは近年、ゴールを量産してきた。

 それは相手にとって分かっていても止められないプレーであり続けた。当然この場面も、ベティスの守備陣はジョルディ・アルバがグラウンダーのクロスを入れた瞬間、シュートを警戒した。しかしメッシは軽くジャンプしながらボールに触らないスルーというプレーを選択した。

 対峙していたマルク・バルトラは完全に裏を突かれ、ボールが通り抜けた先にいたアントワーヌ・グリエーズマンは無人のゴールに蹴り込むだけでよかった。咄嗟の判断で一瞬 “透明化”することで相手の守備陣を粉砕したこのプレーは、これまでメッシが見せてきたレパートリーにはなかったものだ。

【動画】2ゴールよりも話題となったメッシの絶妙スルーはこちら
 メッシはデビュー以来、無数のゴールを積み重ね、サッカー界の最高峰に君臨し続けてきた。このベティス戦でも、PKを含めて2得点を挙げた。

 ただこの一戦を迎えるまで今シーズン、記録したゴールはいずれもPKで、流れの中でネットを揺らしたのは昨シーズンのチャンピオンズ・リーグのナポリ戦(ラウンド・オブ16の第2レグ)以来だった。

 しかも夏に巻き起こした去就騒動を境に、取り巻く環境が変化し、周囲からの風当たりも強くなっていた。ここ最近は走行距離の少なさ、ボールロストの数、敗北後に見せる苛立った表情など、その一挙手一投足に揚げ足を取ることで、得点ペースが落ちた原因を探ることが一種の流行のようにもなっていた。ベティス戦での活躍で風向きが少しは変わるだろうが、特筆すべきは2つのゴールよりもむしろ、スルーのほうが人々の印象に残ったことだ。

【動画】主審の前でボールを蹴り飛ばし…目を疑うようなメッシの“威嚇行為”はこちら

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ