「衝撃的な事実だ」メッシの驚愕スタッツが判明し、バルサのファンが怒り!「ツイッターが炎上」と現地報道

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月03日

数的優位になるもドローに終わる

アラベス戦でフラストレーションを隠しきれなかったメッシ。(C)Getty Images

画像を見る

 10月31日に開催されたラ・リーガ第8節で、バルセロナは敵地でアラベスと対戦。1-1のドローに終わった。

 31分に、GKネトの目を疑うようなミスで先制を許したバルサは、アラベスが退場者を出した直後の63分にアントワーヌ・グリエーズマンのゴールで1点を返すのがやっとだった。

【動画】「クラブ史上最も愚かな失点」バルサGKの信じられない痛恨ミスはこちら

 この試合では、判定に苛立ったリオネル・メッシが、威嚇するように主審を目の前でボールを蹴り上げたこと、その行為がレッドではなく、イエローカードで済んだことが物議を醸した。
 
 さらに翌日、ツイッター上では、メッシのあるデータを巡って“炎上騒ぎ”が起きていたようだ。

 スペイン紙『AS』が、「この衝撃的な事実を知った後、バルサのファンによってツイッターが炎上した」と報じたところによれば、メッシに関するとあるスタッツが明らかになり、「ファンを非常に怒らせた」という。

 そのスタッツというのは、この試合の前半でバルサが犯したボールロストの数。全体の68回のうち、攻撃陣が39回で、内訳は、グリエーズマンが4回、アンス・ファティが7回、ウスマンヌ・デンベレが12回、そしてメッシがなんと16回だったという。

 中には、ファウルすれすれで奪われたものがあり、それがレフェリーへフラストレーションを溜める結果に繋がったのかもしれない。いずれにしても、メッシは心身ともに万全な状態とは言い難いようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】主審の前でボールを蹴り飛ばし…目を疑うようなメッシの“威嚇行為”はこちら

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ