【日本代表|序列考察ボランチ編】遠藤、橋本が所属先で絶好調! 森保Jは柴崎依存から脱け出せるか?

カテゴリ:日本代表

元川悦子

2020年11月12日

ドイツでデュエル勝率トップの遠藤とロシアですでに5得点の橋本

今回招集された日本代表のボランチ陣4人。左上から時計回りに、柴崎、遠藤、橋本、中山。写真:サッカーダイジェスト写真部

画像を見る

 11月オーストリア遠征の初戦・パナマ戦が明日13日に迫ってきた。そこで注目されるポジションのひとつがボランチだ。

【日本代表PHOTO】パナマ、メキシコ戦に臨む招集メンバー24人

 10月オランダ2連戦を振り返ると、カメルーン戦は柴崎岳(レガネス)と中山雄太(ズウォーレ)が組み、コートジボワール戦では柴崎・遠藤航(シュツットガルト)の同学年コンビがプレー。森保一監督から「中盤の軸」と位置付けられている柴崎は2戦を通して及第点のパフォーマンスを見せたが、それ以上に中山と遠藤が大きなインパクトを残したと言っていい。

 とりわけ、遠藤はドイツ・ブンデスリーガ1部初参戦の経験と実績をそのまま代表戦のピッチに持ち込んだ形だ。今季ブンデス1部トップのデュエル勝率を記録する通り、屈強なアフリカ勢相手に全く負けておらず、攻撃の起点となるパス出しの意識も非常に高かった。

「ブンデス1部は球際の強さもあるし、個の能力の高い選手が多い。ドリブルやアプローチのスピードも速いし、特に中盤のインテンシティが非常に高い。『自分の求めていた環境だ』と思いながら、今はやっている感じです」と本人も目を輝かせながら語っていた。その後の1か月間も好調を維持し続けている。この実情を踏まえると「柴崎・航コンビ」のファーストチョイスは続きそうだ。

 彼ら2人に割って入る可能性があるのが、ロシア移籍後初参戦の橋本拳人(ロストフ)ではないか。2019年9月に始まった2022年カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選ではミャンマー、タジキスタンの両アウェー戦にフル出場。当時の序列では遠藤と同等と目されていた。その後、遠藤がシュツットガルトで絶対的地位を確立し、目覚ましい成長を遂げたため、一歩リードされる形になっていたが、橋本自身も今年8月の海外挑戦でタフさを増している。ポジション的にやや前目で起用されていることもあるが、すでに5得点とFC東京時代以上にハイペースでゴール数を記録。今の日本代表に足りない決定力を備えたボランチとして存在感を高めつつある。その橋本を森保監督がどのように起用するのか。そこは11月2連戦の見どころと言っていい。
 
【関連記事】
【日本代表|序列考察DF編】吉田&冨安を軸とする4バックは絶対安定? ポスト長友に名乗りを挙げるのは?
【森保ジャパン最新序列】大迫勇也、堂安律らが不在…攻撃陣の構成は?
【セルジオ越後】日本代表はいつから不動に?久保も結果を出せないなら落としてあげるのが教育だよ
【日本代表】MF柴崎岳が指摘した森保ジャパンの課題は?「質や精度、アイデアを…」
【日本代表】「代表がなければマルセイユへは…」長友佑都が語ったフランス挑戦の内幕 「ポスト長友」にも言及

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月10日号
    1月27日発売
    通算1500号!
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    現陣容の期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ