【日本代表|序列考察DF編】吉田&冨安を軸とする4バックは絶対安定? ポスト長友に名乗りを挙げるのは?

カテゴリ:日本代表

元川悦子

2020年11月11日

DF陣は安西が外れ、長友が復帰。右サイドは健全なポジション争いに!?

日本代表の最終ラインを司る主軸の4人。左上から時計回りに、酒井、吉田、冨安、長友。写真:サッカーダイジェスト写真部、龍フェルケル

画像を見る

 新型コロナウイルスの影響で状況が二転三転しながらも、なんとか10・11月の活動が実現した2020年の日本代表。延期されている2020年カタール・ワールドカップ(W杯)2次予選は2021年3月再開見込みで、今回のパナマ・メキシコ代表との親善試合(13・17日=グラーツ)は、公式戦前最後の重要な強化の場となる。10月のカメルーン・コートジボワール2連戦は連続無失点で乗り切っただけに、今回も安定感ある守りを期待したいところだ。

【日本代表PHOTO】パナマ、メキシコ戦に臨む招集メンバー24人

 そんななか、守備陣の最新動向は気になるところ。10月時点では3人揃って所属クラブで出番を失っていたGK陣に動きがあった。コートジボワール戦でフル出場したシュミット・ダニエル(シント=トロイデン)が10月25日のスタンダール・リエージュ戦で今季初出場。直近7日のゲンク戦もピッチに立ち、いい状態でオーストリア遠征に合流したのだ。

「チームで出ていないと試合勘とかの問題も出る。GKは試合に出ていろいろなことを学ぶポジション。その場をできるだけ多く作り出すためにはレギュラー争いに勝たなきゃいけない。『それは大事だよな』という話を権田(修一=ポルティモネンセ)と話して、『本当にそうだな』と感じました」と、シュミット自身も前回代表活動中に話していただけに、より自信を持って戦えるはず。権田や川島永嗣(ストラスブール)との競争でも優位に立てるだろう。10月2連戦では権田の方がレギュラーに近いと見られたが、序列が一気に変わる可能性もありそうだ。

 DF陣に関しては、安西幸輝(ポルティモネンセ)が外れ、体調不良により招集を辞退していた長友佑都(マルセイユ)が選ばれた以外、顔ぶれは前回と同じ。所属クラブでの状況を見ても、酒井宏樹(マルセイユ)、吉田麻也(サンプドリア)、冨安健洋(ボローニャ)、植田直通(セルクル・ブルージュ)、板倉滉(フローニンヘン)の5人は主力の座を勝ち得ている。室屋成(ハノーファー)と菅原由勢(AZ)はレギュラー定着とまではいかないが、コンディションは悪くなさそうだ。今季初めてチャンピオンズ・リーグの大舞台に参戦し、高度な国際経験を積み重ねている酒井宏樹から定位置を奪うのは容易ではないが、右サイドバック(SB)は良い形でのポジション争いが繰り広げられそうな雰囲気だ。
 
【関連記事】
【識者の視点】森保Jで先発11人を選ぶなら、外せないのは久保建英を含めて4人! 前線の構成は…
【セルジオ越後】日本代表はいつから不動に?久保も結果を出せないなら落としてあげるのが教育だよ
【森保ジャパン最新序列】大迫勇也、堂安律らが不在…攻撃陣の構成は?
【日本代表】「出たことでしか分からない」酒井宏樹が語る初挑戦のCLとELの違い「罪を犯したかのように叩かれる」
【日本代表】MF柴崎岳が指摘した森保ジャパンの課題は?「質や精度、アイデアを…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ