偉大なる「マルディーニ家」の系譜。“3代目”はミランでキャリアを築けるか?【現地発】

カテゴリ:メガクラブ

片野道郎

2020年10月28日

親子2代でミラン主将として欧州制覇

(左から)チェーザレ、パオロ、ダニエルは、いずれもミランのユニホームを着ている。写真:Alberto LINGRIA

画像を見る

「名選手、必ずしも名監督にあらず」というのはよく言われることだが、サッカー界ではもうひとつ、「名選手の息子、必ずしも名選手にあらず」という格言を付け加えてもいいだろう。

 かつての名手の息子がプロ選手としてのキャリアをスタートした、というケースはそれほど珍しいことではない。しかし、そうした2世プレーヤーが父親と肩を並べるまでに成長し、親子2代に渡ってトップレベルで活躍する例となると、サッカーの歴史を振り返ってもそれほど多くはない。

 その最新例と言えるのが、この9月にリバプール移籍が決まったチアゴ・アルカンタラだろうか。彼の父は94年のワールドカップ(W杯)で優勝したブラジル代表で右ウイングを務めたマジーニョ。兄と同じくバルセロナのカンテラで育成された弟のラフィーニャ(現パリSG)も、父や兄の実績には及ばないもののプロとして活躍している。

 もう少し時代を遡れば、パオロ・マルディーニをはじめフランク・ランパード、ファン・セバスティアン・ベロン、パオロ・モンテーロ、そしてペペ・レイナなどが、名選手を父に持つ2世プレーヤーだ。

 しかし、21世紀に活躍した/している選手に話を限れば、リストはここまででほぼ打ち止めだ。現在のセリエAにはフェデリコ・キエーザ(ユベントス)やジョバンニ・シメオネ(カリアリ)などがいるし、プレミアリーグではキャスパー・シュマイケル(レスター)、ブンデスリーガではジャスティン・クライファート(RBライプツィヒ)、リーグ・アンではティモシー・ウェア(リール)らが2世プレーヤーとして知られている。

 ただ、彼らが父親と肩を並べ、それを乗り越える実績を築けるかどうかとなると、現時点では判断を保留せざるをえない。偉大な父を超えるというのは、それほどまでに難しいことなのだ。
 
 そう考えると、チェーザレとパオロというマルディーニ親子のストーリーが、どれほど特別だったかがよく分かる。なにしろ近代サッカーの歴史を遡っても、親子揃って同じチームのキャプテンとしてチャンピオンズ・リーグ(CL/前チャンピオンズ・カップ)のトロフィーを天に掲げたのは、彼らが唯一無二なのだ。

 チェーザレ・マルディーニは1932年にイタリアで最東の都市トリエステに生まれ、地元のトリエスティーナでプロデビューした後、54年に21歳でミランに引き抜かれた。

 当時のミランは、グンナー・ノルダール、ニリス・リードホルム、ファン・アルベルト・スキアフィーノといった世界トップクラスの外国人プレーヤーを擁し、50年代だけで4度のスクデットを獲得する黄金時代を謳歌していた。マルディーニもそのチームでリベロとして最後尾からチームを支え、61年にはキャプテンの座に就いた。

 当時としては際立って高い180センチ台後半の長身ながら、エレガントな身のこなしと優れたテクニックを持っていたチェーザレは、並のDFならばクリアするような状況でも、相手をドリブルでかわしてパスを繋ごうとする自信家だった。時にはそれが裏目に出て、失点に繋がるミスを犯すケースもあった。しかし、彼を愛するミラニスタたちは、そんなチョンボも「マルディナータ」(マルディーニらしいやらかし)と呼んで笑って許したという。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ