「バカげている」ファン・ダイクを失ったリバプールの怒りが収まらず!クロップや同胞MFが“宿敵”のラフプレーに「受け入れがたい」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月21日

「「もちろん僕らは怒っている」

膝を痛め、うなだれた様子でピッチを去るファン・ダイク。 (C) Getty Images

画像を見る

 フィルジル・ファン・ダイクを失ったショックはまだ癒えていない。

 10月17日のプレミアリーグ第5節、エバートンとのマージーサイドダービーで、ファン・ダイクは相手GKジョーダン・ピックフォードのタックルを受けて負傷。前十字じん帯を痛め、手術を受けて長期離脱することを余儀なくされた。

 リバプールはこの試合でリシャルリソンのタックルを受けたチアゴ・アルカンタラも負傷した。リシャルリソンは退場となったが、ピックフォードは“おとがめなし”となっている。

 リバプール陣営は怒りが収まらないようだ。英公共放送『BBC』によると、ジョルジニオ・ヴァイナルダムは「もちろん僕らは怒っている。ピックフォードのタックルは完全にバカげていた」と非難した。

「ケガさせるつもりじゃなかったのは信じる。だれでもダービーは勝ちたい。行き過ぎてしまうこともある。でも、彼らはあまりにやりすぎだった。彼だけじゃない。リシャルリソンのチアゴに対するプレーもひどかった。サッカーにアクシデントはつきものだ。不運にもケガさせることはある。でも、彼らのやり方は完全に受け入れられないものだった」

【動画】ホラータックル? ファン・ダイクが負傷した決定的瞬間
 
 ユルゲン・クロップ監督は「われわれはあなたと違い、まだ繊細な状況にある」と、会見でのメディアの姿勢にも苦言を呈した。

「最初の質問が『市場でどうするか?』なのか。われわれは世界最高のセンターバックである副主将を長期失ったんだぞ。どれくらい長くなるかを見て、今の解決策のために仕事する」

 そして、クロップは「サッカーの試合で起きてはいけないことが起きた。初めてのことじゃない。最後でもないだろう。わたしの見方は選手たちと似たものだ」と話している。

「(ピックフォードとリシャルリソンの)どちらのタックルも受け入れがたい」
 さらに、クロップは「この試合ではまとめていろいろあった。マイケル・オリバーは普段素晴らしい主審だが、見ていなかった。理由が分からない。VARはルールを忘れている」と続けた。

「選手を罰してほしいのではない。だが、間違えたらその結果には対応しなければいけない。その結果を受けたのは2人だけだ。フィルジルとチアゴだよ。あとはそのままだ。われわれは何も間違ったことをしていない。だが苦しんでいるのはわれわれだ。正しくないことだと感じる」

 いずれにしても、ファン・ダイクはしばらく戦列に戻ることができない。守備陣の柱を欠いたリバプールの今後が注目される。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ