【J1採点&寸評】川崎 3-0 名古屋|圧巻のジェジエウ、華麗な三笘、いぶし銀の中村らを評価!名古屋も奮闘するも…

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2020年10月19日

川崎――ジェジエウは2ゴールをマーク

【警告】川崎=なし 名古屋=金崎(90分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】ジェジエウ(川崎)

画像を見る

[J1第23節]川崎3-0名古屋/10月18日/等々力
 
【チーム採点・寸評】
川崎 7
前半は守備がはまらず嫌な時間帯もあったが、中盤の立ち位置を変えて相手をいなしながら、前半終了間際にCKから先制。流れを掴むと、後半は冷静に試合を展開して、再びセットプレーを活かして計3ゴールと名古屋を引き離す。流れの中からはゴールを奪えなかったとはいえ、大事なゲームでしっかり結果を残し、リーグ新記録となる11連勝を達成!! リーグ戦では唯一黒星を喫していた相手にリベンジを果たし、改めて充実ぶりを示している。
 
また付記したいのは、名古屋との一戦は、後半こそ点差がついたが、特に前半は引き締まった非常に内容の濃いゲームであったということ。こうした試合を勝ち切れた点は自信につながるだろう。
 
【川崎|採点・寸評】
 GK
1 チョン・ソンリョン 6.5
86分にはマテウスの強烈なシュートを阻むなど、的確なセーブを披露。重要な一戦で完封勝利に貢献した。
 
DF
13 山根視来 6
オ・ジェソクやマテウスらと対峙。40分にはカウンターから持ち込んで鋭いシュートを放つ。上手いターンで縦への突破も見せた。
 
MAN OF THE MATCH
4 ジェジエウ 7.5
中谷に当たって入ったシュートも公式記録では彼のゴールと認められ、65分には文句なしのヘッドも決める。川崎移籍後初得点を含む2ゴールで勝利の立役者に。なおかつ先制点につながるCKを奪ったのもこのCBで、いつもながら守備でも効いていた。
 
5 谷口彰悟 6.5
先制点のシーンでは、田中のCKをニアで上手くすらして三笘のゴールをアシスト。「とにかく勝ちたかった」と熱く最終ラインを引っ張った。
 
2 登里享平 6.587OUT
後半途中からのマテウスとのマッチアップではやや苦しむ場面もあったが奮闘。特に後半は魂のディフェンスを見せた。オーバーラップも的確に行なう。

MF
6 守田英正 6
前半は相手にスペースを上手く使われるシーンもあったが、周囲と連係しながら修正。危険なゾーンでのシュートブロックや、非常に狭いコースを狙うフィードも。
 
25 田中 碧 6.5
守田同様、前半は悩む時間があったものの、ハーフタイム直前にはCKから三笘のゴールをお膳立て。試合が進むごとにインテンシティの高さが際立つ“ならでは”のパフォーマンス。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ