【J1採点&寸評】鳥栖0-1浦和|メモリアルなゴールの汰木も高評価だが、MOMはPKストップで勝利を呼び込んだ守護神

カテゴリ:Jリーグ

荒木英喜

2020年10月11日

鳥栖――内田裕斗は人生初のボランチで出場

【警告】鳥栖=R・ロペス(40分)、高橋(72分) 浦和=関根(42分)
【退場】鳥栖=なし 浦和=なし
【MAN OF THE MATCH】西川周作(浦和)

画像を見る

[J1リーグ21節]鳥栖0-1浦和/10月10日(土)/駅スタ

【チーム採点・寸評】
鳥栖 5.5

ボールポゼッションでは上回るも決定機を作れずゴールが遠く、終了間際に失点して敗れる。

【鳥栖|採点・寸評】 
GK
18 高丘陽平 5.5

足技のうまさを見せて最後尾からビルドアップに貢献。失点はノーチャンスだった。

DF
28 森下龍矢 5.5

高い位置を取り続けチャンスには絡んだ。しかし、クロスの精度が足りなかった。

2 原 輝綺 5.5
パスミスはあったが、シュートブロック、スピードを生かして守備の中心となった。
 
41 松岡大起 5.5
ほぼノーミスでプレー。欲を言えば、失点シーンは杉本のところで潰したかった。

31 大畑歩夢 5
マルティノス相手に大きなミスはなかったが、最後に走り負けてクロスを入れられ、決勝点に。

MF
6 内田裕斗 5.5(84分OUT)

人生初のボランチでプレー。積極的にボールに触るも期待された縦パスは少なかった。

50 梁 勇基 5.5(58分OUT)
初ボランチの内田といい連係を見せ、彼らしいサイドへの展開で攻撃のリズム作る。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ