あのブラジル人J戦士はいま【第6回】ポンテ――「日本に恩返しがしたい」ポルティモネンセのTD兼副会長として中島翔哉らの獲得に尽力

カテゴリ:Jリーグ

沢田啓明

2020年09月09日

献身的にプレーする姿がサポーターを魅了

07年にMVPに輝くなど浦和の黄金期を支えたポンテ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 2000年代後半、浦和レッズに数々のタイトルをもたらしてサポーターを熱狂させた。

 ブラジル人らしい柔らかいテクニックを持ち、巧みなドリブルと鮮やかなスルーパスで相手守備陣を切り裂き、自らも高い決定力を発揮。その一方で、ブラジル人らしからぬ勤勉さで守備にも寄与した。

 テクニシャンでありながら、チームの勝利のため献身的にプレーする姿がサポーターを魅了した。ポンテはJリーグ史上、サポーターにもっとも愛された選手の一人でもある。

 サンパウロ市内の小クラブであるジュベントスの下部組織で育ち、1995年に18歳でデビュー。中堅クラブを経て、22歳でブンデスリーガのレバークーゼンへ。ヴォルフスブルクへ2年間の期限付き移籍をして経験を積み、04年にレバークーセンへ復帰すると、04-05年はレギュラーとして活躍。このシーズンのチャンピオンズ・リーグに出場し、ホームでレアル・マドリーに快勝するなど、ベスト16入りに貢献した。
 
 そして、04年から監督を務めていたギド・ブッフバルトに誘われ、05年7月に浦和に加入する。背番号10を付けて、攻撃の中心を担った。

 ポルトガル語でブラジル出身の選手と、ドイツ語でブッフバルト監督らと直接コミュニケーションを取り、チームの潤滑油としての役割も果たした。

 05年の天皇杯を制覇すると、06年のJリーグ初制覇にも大きく貢献。圧巻だったのは07年で、Jリーグで7得点・12アシストを記録してMVPに選ばれ、アジア・チャンピオンズリーグでも5ゴールをあげて初制覇の立役者となった。

 10年末、度重なる怪我もあって、惜しまれながら浦和を退団。ブラジルの中堅クラブで短期間プレーした後、11年末に現役を引退した。

 その後、親友(選手時代の代理人)がポルトガル1部ポルティモネンセの筆頭株主となり、彼からの要請で16年末に、クラブのテニクカル・ディレクターに就任。主として外国人選手の獲得を担当し、18年からは副会長を兼務してクラブのマネジメントにも関与する。
【関連記事】
あのブラジル人J戦士はいま【第4回】エメルソン――年齢詐称から始まったキャリア。札付きの悪童が“貧民街の天使”へ
あのブラジル人J戦士はいま【第2回】ワシントン――ビジネスマン、政治家を経て再びフットボールの世界へ
明らかに押されているのに勝ってしまう…今季の浦和は評価が難しい
「最初は暗い気持ちになった」広島のブラジル人助っ人が、サッカーの違いと日本の生活を母国サイトで語る!「本田のおかげで…」【現地発】
「親しい関係じゃなかった」元神戸の助っ人FWが語るイニエスタらスター軍団の実情「ポドルスキが中心にいたけど…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月14日号
    9月22日発売
    J1・J2リーグ
    注目11クラブの戦術検証&
    オリジナル10のクラブ全史
    クラブダイジェストは横浜!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ