【就任会見全文】ハリルホジッチ新監督が代表の自信回復へ「話し合うことが重要」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2015年03月13日

「ロシア・ワールドカップに出場し、上位を目指す」

 日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ新監督の来日記者会見が3月13日、東京都内で開かれた。大仁邦彌会長、霜田正浩技術委員長の挨拶に次いで行なわれたハリルホジッチ監督の就任挨拶と記者との一問一答は以下のとおり。
 
――◆――◆――
 
◇就任挨拶
 
「コンニチハ。日本に来られて嬉しく思っています。日本では、フットボール人気が高いと聞いています。この2週間ですが、私に日本協会がコンタクトしてきました。他にもオファーがあり、いろんな話し合いをしてきました。
 
 大仁会長をはじめ、日本協会の皆さんから本当に有難い言葉をいただき、ここに来ようと決心しました。みなさんと日本代表でなにかを成し遂げようと思っています。大きな責任があることは分かっています。改めて、大仁会長、霜田技術委員長をはじめ、ここに呼んでくれた方々に感謝したいです。
 
 なぜ日本協会を選んだかというと、私のメンタリティを彼らが持っていると思ったからです。同じような気持ちで働くことができますし、厳しさ、規律、人を尊敬すること、真面目さ、フットボール界で大切なものを備えていると思いました。
 
 ブラジル・ワールドカップの後、日本代表は少し成績が下がってきましたが、復活できる十分なクオリティを持っています。FIFAランクは55位ですが、数年前はもっと良い順位でした。
 
 私は、ここに来る前はアルジェリア代表で仕事をしていました。私が就任した当初、(アルジェリアのFIFAランクは)52位でした。そこから3年仕事をして、17位になりました。私は確信しています。日本代表もそれと同じことができます。そのために、私は来ました。
 
 第一の目標は、ロシア・ワールドカップに出ることです。さらに、ワールドカップでは上位を目指します。グループリーグを突破して、決勝トーナメントに行く。そのために必要なクオリティを日本代表は持っていると思います。
 
 まずは強いスタッフチームを作る。そのうえで良い仕事をしたいと、サポーターの皆さんとともに戦いたいと思っています。
 
 お願いしたいのは、少し時間をいただきたいということです。私が初めて代表チームを率いた時にも、こうしたシチュエーションで仕事をしました。すぐに成功したわけではありません。時間をいただいて、少し辛抱強く見ていただければ良い結果を出せると思います。
 
 いろいろ質問はあると思いますが、メディアの方々とお会いするのも初めてです。皆さんとは良い関係、プロフェッショナルな関係を築きたい。互いにリスペクトし合う関係を築きたいと考えています。
 
 代表が上手くいかなかったら、批判が出るのは当たり前です。そんな状況になったとしても、皆さんとともに戦い、国全体で盛り上げていきたいと思っています」
【関連記事】
【日本代表】「明日、明後日にかけてJリーグを観る」ハリルホジッチ新監督が就任会見
セルジオ越後の天国と地獄「期待するのはピッチ外の改革だ」
ハリルホジッチ日本代表新監督の人物像――頭脳明晰な激情家
【U-22日本代表】「ミャンマー戦は間違いだらけのプレー」と振り返る中島翔哉の飽くなき向上心
【U-22日本代表】五輪アジア1次予選突破への3箇条――ミャンマー戦に見る収穫と課題

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ